ハーレーダビッドソン2013年モデル XL1200CA Limited × XL1200CB Limited | バージンハーレー

2013年モデルとともに振り返るハーレーダビッドソンの110年
ナビ01 ナビ02 ナビ03 ナビ04 ナビ05 ナビ06
XL1200CA Limited × XL1200CB Limited

ストリートドラッガーとチョッパー
対照的な2つのタイプ別 1200C

アメリカ本国のラインナップにはない日本オリジナルのモデルが2台上陸した。スポーツスター XL1200C をベースに、「ストリートドラッガー」と「チョッパー」をテーマにカスタマイズされた“似て非なる”モデルだ。この2台は、本国サイト上で好みのカスタムプランが構築でき、そのままオーダーへとつなげられるプログラム H-D1 FACTORY CUSTOMAIZATION を用いて生み出された。

 

XL1200CA Limited ―― ストリートドラッガーのテーマどおり、実に攻撃的なスポーツスターに仕上がっている。かつてハーレーがレースシーンで活躍した当時のレーサーのデザインをモディファイしたペイントに一文字とも言えるドラッグハンドルバー、5スポークホイールと、曲がるために必要な要素を削って直進走行性に重きを置いたスタイル。実際に乗ってみると、なるほどお世辞にも曲がりやすいとは言えないが、その一方でスピードに乗ったストレートでの走行では、気持ちを高揚させてくれる魅力が内包されている。

 

XL1200CB Limited ―― ミニエイプハンドルバーにフォワードコントロールという組み合わせから、体を大の字に広げるようなライディングフォームになることは想像に難くないだろう。さらにブラックパウダーコートのエンジン、すべてマットブラックにまとめられた外装やスポークホイールという組み合わせは、ダークチョッパーと呼んで差し支えあるまい。1200CA とは対極とも言えるフリーダムな乗り味で、クラシカルな雰囲気やファッションを楽しみたい人向けのモデルではないだろうか。

 

ハーレーダビッドソンからの提案として打ち出されたタイプ違いの2モデル、どちらにも個性的な味わいが込められている。

両モデルに共通して言えるのは、ツーリングからストリートユースまで幅広く楽しめるファクトリーカスタムモデルである点です。フォーティーエイト だとツーリングに用いるとなかなかシンドい部分がありますが、こちらの2モデルだと、共通の特徴である前後ファットタイヤというインパクトを同様に有しながら、どんな遊び方にも対応できるマルチロールな部分が見受けられます。軽快な走りをしてくれるスポーツスターならではの魅力ですね。1200CA は、いかにもスポーツスターらしく、それでいて「カッコいいカスタムがしたい」という方向けのエッジが立ったファクトリーカスタムモデルだと思います。CB についても同様で、手を加えずともチョッパースタイルが手に入っちゃうところが良いですね。これから新たにハーレーに乗りたい方に、是非オススメしたい2台です。

ハーレーダビッドソン セントラル川口 神 剛 氏)

XL1200CA Limited × XL1200CB Limited スタイリング&ディテールカット

2012年9月10日

撮影/柏崎 佑介
(photographer)

 

スポーツスター XL1200CA Limited

スポーツスター XL1200CA Limited 右側

スポーツスター XL1200CA Limited 左側

1200CA オリジナルの5スポークホイール

攻撃的なライディングフォームを引き出すドラッグスタイルハンドルバー。

往年のレーサーモデルのデザインを踏襲したツートーンカラー。

シートは、「SINCE 1957」の刻印入りベースモデルのものを採用。

テールランプもベースモデルのもの。ベースカラーであるレッドとの相性もグッド。

エンジンはブラックパウダーコートに載せ換え。ここは大きな価値と言える。

10ホーンの位置もベースモデルと同じくエンジン左側に。

11ステップはミッドコントロールとされる。

12スポーツスター XL1200CB Limited

13スポーツスター XL1200CB Limited 右側

14スポーツスター XL1200CB Limited 左側

15ブラックレースホイールを採用。

16H-D純正カスタムパーツにもラインナップされるミニエイプバー。

17フューエルタンクはマットブラック一色と、色鮮やかな CA とは対照的。

18モダンなデザインの H-D ロゴにブルーのアクセントが。

19こちらも同じく「SINCE 1957」刻印入りシートとされる。

20コンパクトなベースモデルのテールランプながら、マットブラックゆえ赤が映える。

21ステップ位置はフォワードコントロール。

ナビ01 ナビ02 ナビ03 ナビ04 ナビ05 ナビ06