VIRGIN HARLEY | 初ツーリング よっしーのハーレーライフ

初ツーリング

スポーツスターが乗りにくい
原因は…Gパンでした(笑)

女子ライダーよっしーコラムの画像

え~っと…いきなりですが私、気づいてしまいました!ハーレーに乗る時にローライズGパンはダメです!しかも伸びない素材は、さらにダメダメですっ!

というのも、ジョン(スポーツスターの名前ですよっ)に乗り出してから、自分のライディングのぎこちなさにずっと不安があったんです。特に、停車する時に足が踏ん張れず、ふらつくのが怖くて…。その原因が『Gパン』だということに最近気づいちゃいました。ぴったりしたGパンって、股関節が開かず足つきが悪くなり、なにより動きにくいんですよね。立っている状態でも結構無理して履いていたので(だって…足を細く見せたいでしょう…エヘ)、ジョンに跨るとなおのことGパンがキツくなり、動きにくい…よく考えると当たり前のことですよね。

しかし、私はこんなことではつまづきませんっ! 「足が細く見えることより、動きやすい服装が第イチ!」ということで、ユッタリとしたGパンを妹から拝借。カジュアルダウンしてみました。すると、それだけで乗り心地が全然違う☆なんて快適! なんて軽快なワ・タ・シ☆☆ 自我自賛です(笑)。そこからはどんどんコツを掴んでいき、自分で言うのもなんですが、今では普通のライダーくらいには乗りこなせるようになりました(多分)☆ いつまでもジョンにリードされている訳にはいかないですからねっ。まぁ、相変わらず押して歩くのは重くて危なっかしいですけど…。

母校までの気持ちいい道のり
そして懐かしい再会!

さてさて、服装も決まり少しはジョンにも慣れてきたので、ちょっと遠くまで足をのばしてみたいな~なんて余裕が出てきました。「どこに行こう? せっかくだから、お世話になった母校へジョンを自慢しに行こっかな」と、イイコトを思いついちゃいました。私が通っていた専門学校は京都の園部(そのべ)というトコロにあって、ツーリングには調度いい距離なんです。お世話になった先生にも私のハーレーを見せびらかしてやろうっ(笑)。ということで母校まで出掛けてみることにしました☆

女子ライダーよっしーコラムの画像

初の遠出は絶好のバイク日和。きもちいい~☆ というのも束の間、市街地に出ると渋滞に巻き込まれてしまいました。クラッチを握る手が痛い(涙)。しかも道は登り坂で、STOP&GOがつら~い! ありったけの力で踏ん張って、何とか京都市内の渋滞を抜けることができました。男の人なら何てことはない道でも、女のコには大変なんですよ☆

『そういえば軽いクラッチがあるって誰かから聞いたような…』なんて、新たな改造ポイントを発見しつつ、山を越え走っていると懐かしい景色が広がってきました☆ 私の母校「京都国際建築技術専門学校」は京都の山奥にあるんです。「保津川下り」で有名な保津川沿いの国道9号を走り、母校へと向かいます。「寄り道してトロッコ列車に乗ったり、保津川下りをしたりしたい…」という誘惑に駆られましたが我慢ガマン。学校までの道をバイクで走ったのは、今回が始めてでしたが…気持ち良すぎますねっ☆ バイクならではの不思議な感覚を改めて味わいました。学校への道中にあるトンネルを越えたら、空気が一気に変化。ヒヤッとした澄んだ空気に包まれると、自分がジョンと一体になったようで気分が高揚してきます! バイクってこんな感覚も楽しめるんですね。バイク最高っ☆もぅ楽しい~っ! ハイテンションのまま道を進み、懐かしい母校に到着です!

久しぶりの母校は、ちょうど休み時間でした。学生がどっさりいて、ちょっとビビり気味の私。男子からは質問攻めに遭いました…。でも、ハーレーに興味を持ってくれる子がいて嬉しかったです☆ 在学時に大変お世話になった先生(石川先生/女性)もわざわざ出てきてくださって、久々の再会! 先生は私がハーレーに乗っていることにスゴク驚いていました。「ハーレーに乗っているなんて想像できないっ!」ですって(笑)。確かに、私の『ヘタレ』な性格を考えると自分でも不思議です。まぁ、私も成長したってことでしょう☆うんうん…。石川先生と話していて初めて知ったのですが、学校になんとハーレーに乗っている先生がおられるとのこと! そういえば学校の裏によくピカピカのバイクが止まっていたような記憶が…アレはハーレーだったんですね。なんか嬉しいな~☆意外な発見です! ちなみに、石川先生のご主人もバイクに乗っておられるそうなので、ハーレーをお勧めしておきました(笑)。

雲行きが怪しくなってきたので
サイドスに寄って雨宿り♪

女子ライダーよっしーコラムの画像

帰りは雲行きが怪しくなってきたので、高速に乗ってビュンッと帰ることに。初めて乗る高速道路です。心の準備ができていなくて、イロイロと大変でしたけど、この話は、また次回に~。

高速を降りて、京都市内に入ると、とうとう雨が降り出しはじめちゃいました。「どこかで雨宿りしなきゃ」と思っていた私に名案が!「そうだ、雨宿りついでにジョンの調子を診てもらおっと」ということで、私のスポーツスターの主治医である『サイドス』さんに避難することにしました。ここのオーナー、横山さんは前オーナーの頃からジョンの面倒を診てくれている、頼りになる「先生」です。ちょうど前からキャブレターの調子が良くなかったので、遊びに行くついでに診てもらうことに。といっても、周りから『キャブレターの調子がおかしいんじゃない?』と指摘されただけで、ホントのところ私には何のことやらさっぱりわかりません。キャブレターの仕組みさえ分かっていません…。お店で横山さんに「キャブレターとは何か?」と、「キャブレターの働き」について教えてもらいながら、早速調整をして頂きました☆

横山さんが言うには…キャブレターの調整が以前のマフラーに合わせられていて、そのせいで走っていると変になっちゃうトコロ(?)があるそうです。……難しい。話の7割くらいしか理解出来ませんでしたが(横山さんごめんなさい…)、乗り心地はばっちりスムーズになりました! さっすが横山さん☆ いつもありがとうございます☆ 超ド素人の私ですが、これからもいろいろと教えて下さいね! 私も少しくらいはバイクの知識もつけなきゃな、と課題を見つけた初めてのツーリングでした☆

プロフィール
よっしー

22歳。2級建築士の資格を持ち、将来は建築家を目指すがんばり屋。デグナーのカタログモデルを務めたことがきっかけでハーレーに出会う。原付からいきなりスポーツスター乗りに。ハーレーはまだまだ勉強中の身だけれど、成長が楽しみな女のコ。愛車はXL1200S(愛称ジョン)。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報