VIRGIN HARLEY | 第32回 卒業式 ハーレー授業見学

第32回 卒業式

  • 掲載日/2012年03月23日【ハーレー授業見学】
  • 執筆/ハーレー専科 主任 蓬田 誠

我が家の梅も満開になり、日に日に暖かさが増してきた3月の下旬、東京工科専門学校 品川校の卒業式が東京の会場で行われました。この卒業式で学校行事はすべて終わります。

ハーレー授業見学の画像

三校合同卒業式会場。

今年度 (23年度) 卒業生たちの一つ先輩、つまりハーレー専科1期生たちは昨年3月11日に起きた地震の影響で卒業式を行うことができませんでした。ゆえに、2期生の卒業式がハーレー専科として、はじめての卒業式となりました。

この卒業式に参列できた学生だけが、3日後に行われる国家二級自動車整備技能登録試験の受験資格を獲得したことになるのです。

ハーレー授業見学の画像

大切な時期に……。でも、卒業できました。

卒業基準について少し触れておくと、

【01】2年間で90分が1時限の授業を1000時間以上受けなければならない。
【02】全科目履修 (合格) しなければならない。
【03】最後に行われる卒業判定試験に一発合格しなければならない。

の3項目があります。

つまり、入学者全員が卒業できるとは言い切れないのです。これらの厳しい基準をクリアした学生たちが、晴れてこの日の卒業式に参列できるのです。

ハーレー授業見学の画像

卒業生スピーチは、卒業生代表ハーレー専科 太田幸伸。

この2年間を振り返ってみると、彼らにとってもいろいろなことがあったことでしょう。地方から出てきて初めての一人暮らし、仕事を辞め再び学生に逆戻り、はじめて着たツナギ、長野実習 での大ゲンカ、真っ赤にしてしまったスナップオン、みんなで行ったツーリング、夜遅くまで勉強した 二級対策授業、たくさんの思い出・思い出したくもない出来事を胸に彼らは卒業していきます。

ハーレー授業見学の画像

品川校、全員集合!

そしてハーレー専科2期生の学生たちは学生生活にもピリオドを打ち、関東・中部・関西・北陸へと巣立っていきます。数日後には社会人として、それぞれがハーレーディーラーで働いていることでしょう。とは言っても明日も二級対策授業は続くのです。この式の後、夜遅くまで、彼らもいろいろとあると思います。普段は“ガミガミ”うるさい私ですが、今日くらいは少し羽目を外しても目をつぶるとしましょう。

羽目を外すと言っても、3日後に控えた国家試験のことが彼らの頭から離れる時間は短いでしょうが……。

オープンキャンパスの画像
取材協力

住所/東京都品川区南品川3-7-12
Tel/03-5479-8811
フリーダイヤル/0120-1969-04

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報