VIRGIN HARLEY | ツーリングでも落ちないメイク法って? 女性ライダーライディングメイク術

ライディングメイク術の画像

ツーリングでも落ちないメイク法って?

  • 掲載日/2011年08月11日【女性ライダーライディングメイク術】
  • 講師/鎌田 順子

今回のご相談

もっぱらツーリングを楽しむ女子バイカーです♪ ずばり鎌田先生にお聞きします! ツーリングのようなロングランの後でも落ちにくいメイクアップ法などはありますでしょうか? その際のオススメ商品などがあれば是非教えてください!

群馬県 / ブコブコさん ハーレーダビッドソン FLSTN ソフテイル・デラックス 所有

大事なのは“見せ方”
自分に合ったポイントを押さえよう

ロングランでも落ちないメイクというのは難しいです。やはり休憩のときにこまめに直すのがメイクを長持ちさせるコツですね。でもメイクがボロボロになっていないように見せるテクニックならご紹介できます。まず知っておきたいメイクがボロボロに見えるポイントは「色がたまる・線がボケる」です。例えばファンデーションの色がたまるとヨレて見えます。そして眉がボケると消えたように見えますね。このポイントが綺麗に長持ちすることで、メイクが落ちていないように見せることができます。

まずはファンデーションですが、ヘルメットでこすれて取れてしまうならばヘルメットについた部分は朝からファンデを付けなければいいですよね。額にニキビなどトラブルがある人はいても、おでこや耳前あたりの血色が悪い人って実はほとんどいません。なので、ファンデーションを購入するときに額に塗って違和感のないぐらいのカラーを購入しておいて、バイクに乗るときは必要な部分に適量つけるようにするのがおすすめです。

リクイドファンデを使っている女性が8割だと思いますが、出先で簡単にキレイに直すならパウダーファンデーションは常備しておきたいです。眉もヘルメットで消えてしまうと、いかにも“メイクが取れました”という感じになり困るポイントですね。なのでアイブローはウォータープルーフがおすすめです。今までさまざまな商品を試しましたが、中で最強だったのが MAKE UP FOR EVER ウォータープルーフアイブロウコレクターです。そしてアイブローコートならブロウラッシュEX ブロウコーティングはかなり長持ちします。そしてアイラインのにじみはマスカラで止めましょう。ポイントさえ押さえれば実はクズレていても落ちていないようなメイクに見えるので、いつも自分のメイクのどこが崩れてしまうのかをよく覚えておいて改善策が考えると良いと思います。

プロフィール
Hair&Make officeJUNO
ヘア&メイクアップアーティスト
鎌田 順子

神奈川県鎌倉市出身。高校生の頃からヘア&メイクアップアーティストを志し、18歳より師匠の元で修業を始める。その後フリーランスとして雑誌・広告・TV等のヘア&メイクに携わるように。Hair&Make officeJUNO を起業、現在は主にアーティストや広告のヘア&メイクを手がけている。ヘアメイクもバイクライフも自分の人生を彩り楽しむためには大切なアイテムだと語る彼女はライダー暦も筋金入りである。12年以上におよぶ愛車1980 FX SHOVELで全国を走り回るタフな女史ライダーであり、雑誌VIRGIN HARLEYでもその愛嬌ある笑顔で読者の心を掴んでいる。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報