VIRGIN HARLEY | 顔色をより良く見せるとっておきを教えて! 女性ライダーライディングメイク術

ライディングメイク術の画像

顔色をより良く見せるとっておきを教えて!

  • 掲載日/2011年08月25日【女性ライダーライディングメイク術】
  • 講師/鎌田 順子

今回のご相談

バイクに乗ると、ファンデーションや頬紅、口紅は汗とともに流れていきますが、頬紅や口紅が取れると、顔色が悪いと周りに心配をされてしまいます……。頬紅や口紅以外に、顔色をよく見せる“技”はありますか?

東京都 / もんがらさん ハーレーダビッドソン 1982年式 FXRS ショベルヘッド 所有

コツはベースチークの使い方
自然な血色を出せますよ

血色をよく見せる技というのは確かに難しいですね。メイクをする上でアイポイントとアイブローは顔の印象をつける部分、そして、チークとリップは血色を見せる部分とされていますから、チークとリップ以外で血色を良く見せるのはかなり至難の技です。それよりも、チークとリップを上手く入れてあげるのがより良いと思います。

頬の血色を長持ちさせるコツは、ベースチークを入れてあげることです。

ファンデーションの上からフワッとチークを入れるのではなく、リクイドをつけたらパウダーをのせる前にクリームチークをチークポイントにたたき込んであげる……ただそれだけで肌内部から自然な血色が出ているように見えるんです。肌を作る時点でチークの下地も作ってしまう、こうすることでパウダーのチークだけをただ入れるより何倍もチークカラーが長持ちしますし、色の発色も良くなります。ただし、濃く入れないように気を付けましょう。

クリームチークは肌馴染みの良いカラーを選んで、あくまでも柔らかい血色のようにしてあげるのがポイントです。指でつけるとどうしても濃くなってしまう人はブラシでつけるのもおすすめです。そして唇も確かに顔色が悪く見えるポイントですよね。女性に限らずバイク乗りなら唇がガサガサに乾燥した経験があると思います。実際、リップクリームを持ち歩いている男性も多く見かけますよね。唇は乾燥しやすいからこそこまめなケアが必要になります。あえて口紅やグロスをつけなくても、色付きのリップクリームでケアとカラーを同時にしてしまうのがお手軽だと思います。特に色付きリップクリームは色が濃くつく物が少ないので、何度も重ね塗りしても重くなりにくくてバイクに乗る方にはおすすめです。

プロフィール
Hair&Make officeJUNO
ヘア&メイクアップアーティスト
鎌田 順子

神奈川県鎌倉市出身。高校生の頃からヘア&メイクアップアーティストを志し、18歳より師匠の元で修業を始める。その後フリーランスとして雑誌・広告・TV等のヘア&メイクに携わるように。Hair&Make officeJUNO を起業、現在は主にアーティストや広告のヘア&メイクを手がけている。ヘアメイクもバイクライフも自分の人生を彩り楽しむためには大切なアイテムだと語る彼女はライダー暦も筋金入りである。12年以上におよぶ愛車1980 FX SHOVELで全国を走り回るタフな女史ライダーであり、雑誌VIRGIN HARLEYでもその愛嬌ある笑顔で読者の心を掴んでいる。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報