VIRGIN HARLEY | 第3回 電気系統障害の犯人を追え! メカニック芦田のメンテナンス講座

第3回 電気系統障害の犯人を追え!

  • 掲載日/2009年08月03日【メカニック芦田のメンテナンス講座】
  • 執筆/ハーレーダビッドソンシティ中野店 メカニック 芦田 剛史

待ってました夏到来! 暑さが苦手な私が言うのもなんですが、夏が来ました。夏真っ只中でお送りするメンテナンスコラム第3回も、夏に負けない熱さとゆるさで咲き乱れます! 夏バテを吹き飛ばしながら、さぁ張り切って行きましょう!!

今回のクランケ:2006年式 スポーツスターXL883R

ハーレーメンテナンス講座の画像

症状:走行中にスピードメーターが動かない!?

「走行中に突然スピードメーターが動かなくなり、スピードが分からなくなる。それと同時にウインカーのオートキャンセルが効かなくなり、点滅しっ放しになってしまう」という症状を持つクランケです。スピードメーターが動かないなんてまずいですよ! そんなの、スピード違反まっしぐらです! って、そんなわけないか…。

陥りやすいポイント:真っ直ぐな瞳でスピードと向き合って!

ハーレーメンテナンス講座の画像

ここでまず最初に気をつけなければならないのは、「メーターが動かない」という事象を細かく選別することです。動かない時、「オドメーターはどうだったのか?」「ヘッドライトは?」「動かないのはメーターの針だけ?」…と、あらゆる事象に振り分け、診断系統を一気に絞り込みます。ここで面白いヒントが一つあります。それは「ターンシグナルが消えなかった」という点です。カンの良いメカニックなら、この故障診断に30秒はかかりません。インジェクションの場合、エンストまでするようなら大きなヒントと言えます。

補修手順を見てみよう!

ハーレーメンテナンス講座の画像

【01】メーターを開放しろ!

ターンシグナルが消えなかった情報を最初に入手しましたので、そのうえでメーターが動かないのであれば、まずはセンサー自体をチェックせねばなりません! その後にハーネスの確認です。
ハーレーメンテナンス講座の画像

【02】手抜きは職人の敵!

よ~く見てみると、補修した痕跡があります。以前誰かが修理にトライしたのでしょうが、直っていなかったようですね。チェックしたところ、導通に影響はなし。しかしこの補修内容はいただけないですね~。
ハーレーメンテナンス講座の画像

【03】犯人発見、緊急逮捕!!

ここでイキナリ怪しい物体発見! 緑色に輝く奴は宇宙人か? いや、サビです。しかもかなり強烈に溜まっています。実はよくある故障でして、セキュリティアラームが勝手に鳴り出す原因にもなるんです。
ハーレーメンテナンス講座の画像

【04】サビ取り職人、頑張るの巻

原因を突き止められたので、まずはセンサーを外し、溜まった水を取り除してサビを徹底的に除去します。当然センサーも念のためにチェックしましょう。キレイになったら、乾燥させてやります。
ハーレーメンテナンス講座の画像

【05】放っておけないんです、やればデキる子!

ついでにギボシ接続も補修しちゃいます。ちなみに、ここがギボシであることに意味がありません。これらをすべてキレイに繋ぎ直してやり、それから新しい被服を着せてあげるのです。 
ハーレーメンテナンス講座の画像

【06】完璧な状態に戻して、瞑想に入る

そしてセンサーをしっかりはめ込んでやり、接続して再テスト走行を行います。症状は一切出ません、よかった! 安心してお客様へお届けできます。これぞ定期点検の醍醐味ですね、南無~。

防ぐためのメンテのツボ

ハーレーメンテナンス講座の画像

同じ過ちを何度も
繰り返してはいけないものです

今回のメンテナンス、やはり原因があってこそ水が浸入した事象です。原因のほとんどがコネクターに付いているダストシール不良か、配線のコネクターへの進入角度過多によるダストシールの歪みです。私の経験上、コネクターに入る手前で配線を極端に屈折させるのは軽犯罪級です。なぜなら、良いことがひとつもないからなのです。やはりハーネスと人間は真っ直ぐなのが一番理想的なんですね。今回は再発防止にダストシールにコーキングを打っておきました。この作業、基本的に部品交換なしですが、お客様の予算次第では端子と歪んだダストシールの交換をお勧めします!

プロフィール
H-Dシティ中野 メカニック 芦田 剛史

広畑日産自動車・H-D事業部で経験を積み、25歳のときに「アメリカのディーラーに勤めたい」と単身渡米。アリゾナ、ラスベガスと約2年間におよぶディーラー勤務を経て帰国。現在はH-Dシティ中野店でメカニック主任として活躍中。V-RODでドラッグレースに興じるなど、幅広いハーレーライフの楽しみ方を知っている。

取材協力
住所/東京都中野区野方4-42-9
営業/10:00~20:00
定休/水曜日
電話/03-6909-1180

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報