VIRGIN HARLEY | 第20回 穏やかな旅の一日 ツーリング・ゼミナール 増井 貴光

第20回 穏やかな旅の一日

  • 掲載日/2013年02月06日【ツーリング・ゼミナール 増井 貴光】
  • 撮影年月/ 2001年6月  撮影場所/アメリカ・サウスダコタ

カメラマン増井 貴光さんの写真

広大な牧草地の中、地平線まで真っ直ぐ伸びる道をひたすら走る。対向車と擦れ違ったのはどれくらい前だったのだろう。時間の感覚も距離感も麻痺して、今が何時かとか何日間走ったかなんてことがどうでも良くなってくる。制限速度の 55 マイルをちょっと越えたぐらいでクルーズコントロールのスイッチを入れハンドルから手を離す。脚はバンパーの上に置いて寝そべるようにピリオンシートの荷物の上に頭を載せる。視界のほとんどは真っ青な空。サングラスをしていても太陽は眩しい。緩やかに登りきった頂上で身体を起こしてライディングポジションに戻る。緩やかに右に曲がりながら道は下ってゆく。そしてまた直線が続く。地平線に辿り着く頃には、きっと次の街があるはず。どうせなら 70 年代から何も変わっていないような街だと嬉しい。昔ながらのダイナーがあって、ウエイトレスのおばさんがカップに注いでくれる薄いコーヒーと美味いハンバーガーにありつければなおのこと幸せだ。景色に飽きたわけではないけれど、ふとそんなことを走りながら想像してしまう旅の穏やかな一日だった。

プロフィール
カメラマン
増井 貴光

ツーリングマガジン アウトライダー など二輪誌を中心に雑誌、広告等で活躍中のカメラマン。愛車は 2010年式 FLTRX ロードグライドカスタム。日本の古典芸能やアメリカインディアン等の文化から多大なる影響を受ける。バイクによる旅の写真や水中写真をライフワークとし、日本やアメリカ、ルート66などの風景を自らバイクで走って撮影するスタイル。「職業=旅人なんて書きたいけど、そこまで旅できていない」という。なぜか誌面に顔を出していること多し。

関連する記事

ピックアップ情報