VIRGIN HARLEY | 1995年式 XLH1200 カスタム紹介

1995年式 XLH1200

  • 掲載日/2004年11月25日【カスタム紹介】
1995年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像

苦労した点はなし
プロとして当然の仕事をした

「これのコンセプトですか? チョッパーテイストの入ったビンテージトラッカーです。これから作る時に、トラッカーだけ、チョッパーだけじゃ面白くないかなって思ってね」。

このスポーツスター、本当に細かく手が入っている。例えば、フレーム。後部はシートに添う形でループ加工され、静電焼付け塗装で美しいブラウンカラーリングが施される。オーナーの心を本当に満たすのは、こういった細かい職人芸だ。

「苦労した点ですか? う~ん、余り有りませんね…。プロとしての技術力は、これに留まりませんし、プロに満足というものはありませんよ。常に上を目指したいですからね」。

オーナーの希望を再現していく過程で、自分のノウハウをさりげなく入れる。オーナーは気づかないかもしれない。だが、プロとは賞賛のために仕事をせず、ただ至高の一品を目指して考え抜く。

カスタムの詳細をチェック!

1995年式 スポーツスター XLH1200のカスタム画像

(写真左)スピードメーター埋込& スムーシング加工

スピードメーターはタンクに埋め込んでスリム化。タンクのラインはスムージングで美しく。

(写真中央)CT110輸出モデル流用 サブガソリンタンク

ミニタンク化での燃料不足を補う予備タンク。サドルバッグのようなデザインが秀逸。

(写真右)グローリーホール特製 ループ加工

シートの形状に沿ったループ加工。妥協を許さないプロの技術とはこういう部分に現れる。
取材協力
グローリーホール

京都府

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ