VIRGIN HARLEY | 1978年式 XLCR カスタム紹介

1978年式 XLCR

  • 掲載日/2005年05月04日【カスタム紹介】
1978年式 スポーツスター XLCRのカスタム画像

ストックのルックスは崩さずに
国産パーツで武装したXLCR

20歳の頃に迷惑かけたバイク屋さんが乗っていたのがCRで。ふと当時のことを思い出し、このXLCRを見つけてきました」。思い出の車両を手に入れた前田さん。しかし、所有欲だけでこの貴重なモデルを手に入れたわけではない。実際に走るために「自分にしっくりとくるよう」カスタムが施されている。エンジンフィーリングはストックのままに、ハンドル回りと足回りを徹底的に国産のパーツへと交換済み。

「国産バイクにハーレーのエンジンが載っているのを想像してみてください。グリップが太いところやブレーキが甘いところなど、自分にとって違和感があるところは、すべて国産パーツに変更してあります」。

スイッチ・コントロール類も国産パーツに変更しているため操作性は国産と同じという。「他の国産バイクと乗り換えても違和感がなく、気楽に楽しめます」とオーナーは語る。ハーレーと国産バイクのおいしいところが組み合わさったXLCR、それがこの一台だ。

カスタムの詳細をチェック!

1978年式 スポーツスター XLCRのカスタム画像

(写真左)Z1100R最終型 足回りの移植

フロントが18インチでXLCRにも違和感がないスタイルということでチョイスされた足回りを。

(写真中央)YOSHIMURA TMRキャブレター

ハーレーには珍しいTMR-MJNキャブレターをチョイス。独特の乗り味を醸している。

(写真右)メーカー不明 集合管

集合管にこだわって見つけ出したお気に入りアイテム。足回りに絶妙にマッチしている。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
ボブ前田さん
会社経営 / 東京都
ウェブサイト >>

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報