VIRGIN HARLEY | 1997年式 ビューエル S1 カスタム紹介

1997年式 ビューエル S1

  • 掲載日/2005年06月21日【カスタム紹介】
1997年式 ビューエル S1のカスタム画像

目に映る世界が変化する

「このアルミ外装は自分で制作しました」。

アメリカの高名なHOT RODショップ「MOAL」に勤めていた柿崎さん。その経験を生かし自ら製作した外装は秀逸としかいいようがない。パテを使わず、アルミの叩き出しだけでこれほどのモノが造れるものなのか。未塗装の、磨きこまれたアルミ地には周囲の景色が映り込むほど美しい。

このビューエルのモデルになったのは「F-86セイバー」。第二次大戦後に活躍したアメリカの戦闘機だ。
「セイバーの機首デザイン、外装のカラーはビューエルに合うかな、と思って」。

荒削りな乗り味が人気のS1に、戦闘機をモデルにした外装がしっくりと馴染んでいる。

「もう5万キロくらい乗っています。アクの強い車両ですが飽きないんですよね」。

最近は自分でカスタムする方も増えていると聞くが、外装を1枚のアルミで作り出してしまうオーナーはそうはいまい。

カスタムの詳細をチェック!

1997年式 ビューエル S1のカスタム画像

(写真左)自家製 アルミ外装

アルミ地を自ら叩き出し、造りあげた世界で1つの逸品。アルミ地は磨き抜かれて鏡面に。

(写真中央)英ルーカス 車用テールランプ

MOAL在籍時にHOTROD製作に使用していた車用のテールランプを加工し取り付け。

(写真右)ビューエル純正 レース管加工

エンジンの性能を引き出す純正レース管。バッフルの取付加工を行い、落ち着いた音に。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
柿崎さん (44歳)
神奈川県 / 会社員

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ