VIRGIN HARLEY | 1989年式 FXR カスタム紹介

1989年式 FXR

  • 掲載日/2005年09月17日【カスタム紹介】
1989年式 ダイナ FXRのカスタム画像

FXLRをベースにイメージ通りの1台を
時間をかけてコツコツ仕上げました

「この車両は知人から購入しました。エンジンは良好だったのですが66,000kmも走っていたので、せっかくだからOHついでに自分好みにカスタムしてしまおうかな、と。そうやって作業を始めたら仕上がるまで3年近くもかかってしまいました(笑)」。

玄人はだしのメカニック技術を持つオーナーのイメージを、少しずつ形にしていったこの1台。随所にワンオフパーツが使用された時間と努力の結晶だ。

「1人で何もかもを手がけたわけじゃないですよ。知人や信頼しているショップの方に助けていただいて、やっと形になったんです」。

「HOT-DOCK」に製作依頼したワンオフのリアフェンダーなど外装に、ヴィンテージ・レーサー風のカラーリングを施した。意外な組み合わせだが、上手く昇華されている。

スタイルだけでなく、走りに重点を置いたパーツチョイスも見逃せない。オーナーは飛ばして走ることが好きなため、倒立フォークやブレーキなどは国産車の足回りを流用。トリプルツリーも知人に依頼しアルミ削りだしで製作。安心して飛ばせ、しっかり止まるのが嬉しいという。

「ツーリングはあまり好きじゃないので、これからも走り重視のパーツを組み込んでいくつもりです」。

これでまだ製作過程というこのFXLR。日々走り込みながら、その構想は止まることを知らない。

カスタムの詳細をチェック!

1989年式 ダイナ FXRのカスタム画像

(写真左)オーリンズ製 正立フロントフォーク

HOTDOCK田中氏によるワンオフ製。タンク、シートのラインに合わせて絶妙なカーブを描く。

(写真中央)小野商会 サイドワインダー

FXR専用のステンレス製マフラー。流れるようなラインが美しく、太く迫力のある音を奏でる。

(写真右)YAMAHA YZF750SP 足回り一式

走りに重きを置いたカスタムのため、フォークやブレーキ、ホイールなどはYZFのモノを流用。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
三重の4速さん (39歳)
三重県 / グラフィック・デザイナー(自営業)
ウェブサイト >>

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報