VIRGIN HARLEY | 1978年式 FLH カスタム紹介

1978年式 FLH

  • 掲載日/2005年12月06日【カスタム紹介】
1978年式 ツーリング FLHのカスタム画像

肩肘を張らずに乗れる
”小さな”ビックツイン

タンクやフェンダー、フレームまでシルバーで統一されたこの一台。「メカメカしい」雰囲気が漂う。

「よくアイアンスポーツに間違えられるんですが、FLHがベースです。コンパクトなスタイルでしょう?」。

前後18インチホイールのチョイスや、スポーツスターのステム周り、小さく造り直された純正フレームから、思わずXL系だと思うのは納得。

「アイアンで造る方が楽でしたが、ビックツインのエンジンフィーリングは面白いですから。敢えてFLHで挑戦しました。苦労したのはスイングアーム。コンパクトなフレームに馴染ませるのは大変でした」。

肩肘を張らずに乗れるビックツイン。小さくまとめる手法が効を奏している。

「ビックツインだけど、軽快に走れる。オートバイらしい楽しさも追求しています」。

常に斬新なスタイルの車両を造り上げる「ROARS GARAGE」の真骨頂がここにある。

カスタムの詳細をチェック!

1978年式 ツーリング FLHのカスタム画像

(写真左) ROARS製 ワンオフマフラー

短く製作し、車両のコンパクトさを強調。ブラックのマフラーカラーが車体を引き締めてみせる。

(写真中央) カンリン ドラムブレーキ

足回りにはメカメカしさを強調するドラムブレーキをチョイス。カラーは車体に合わせシルバーで。

(写真右) ワンオフシフトノブ& プライマリーベルト

シンプルなシフトノブはワンオフ。スタッズが打たれたプライマリーベルトが見る者の目を引く。
取材協力
ROARS GARAGE

宮城県
ウェブサイト >>

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報