VIRGIN HARLEY | 1999年式 FLSTS カスタム紹介

1999年式 FLSTS

  • 掲載日/2006年03月04日【カスタム紹介】
1999年式 ソフテイル FLSTSのカスタム画像

ヴィンテージスタイルを
ちょっとしたパーツで強めてみました

「旧いハーレーはカッコいいな、と前々から思っていましたが、僕は結構距離を走るタイプでトラブルが怖くて。信頼性を考え、当時最新モデルだったエボのスプリンガーを新車で購入しました」。

購入後、思い描くイメージを形にするためコツコツとカスタムを進め今のスタイルが出来上がった。

「スプリンガーフォークのおかげでノーマルからヴィンテージ風の雰囲気を持っていました。そのスタイルを崩してしまわないよう、純正オプションマフラーやサドルシートで旧い雰囲気を強めてみました」。

シンプルなカラーのカスタムペイントも旧き良き時代を偲ばせる。「買ってからの7年間で走行距離は5万キロを越えています。エボを選んだおかげか、消耗部品交換以上の大きなトラブルはありません。これからも永く付き合っていけるいい相棒ですね」。7年を経て、少しずつ乗り手と馴染んできたスプリンガー。乗れば乗るほど愛着が湧いてくる一台だ。

カスタムの詳細をチェック!

1999年式 ソフテイル FLSTSのカスタム画像

(写真左)ハーレー純正 オプションマフラー

純正オプションのフィッシュテールマフラー。リア周りの旧っぽさを強調してくれるアイテムだ。

(写真中央)メーカー不明 サドルシート

仲間から譲ってもらったシートを加工し取り付け。ヴィンテージカスタムには欠かせないシートだ。

(写真右)ハーレー純正 サドルバッグ

スプリンガーによく似合う、オールドスタイルのサドルバッグ。雰囲気だけでなく積載性も◎。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
井戸さん(30歳)
大阪府 / 会社員
取材協力/ハーレーダビッドソン京都

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報