VIRGIN HARLEY | 1952年式 FL カスタム紹介

1952年式 FL

  • 掲載日/2007年11月26日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
1952年式 旧車 FLのカスタム画像

自らの手で作りあげた
渾身のパンヘッドカスタム

「このパンヘッドは40代半ばのときに手に入れたモノ。初めてのハーレーがパンヘッドでした」。

いきなりパンヘッドとは思い切ったセレクトだが、オーナーはかつて古着ショップを経営していたため、車もバイクも古いモノに魅力を感じてしまうのだとか。

「本当はナックルを探したんですが『ナックルは大変だよ…』と言われて。そんなときにこのパンヘッドに出会いました」。

購入時からカスタムが施されていたパンだが、エンジンOHの際にガラリとイメージを変えたのだとか。

「エンジンOHもカスタムも自分の手でやりました。全体的にコンパクトに、少しヤンチャな感じにカスタムしてみました。ロングツーリングはしませんし、カスタムに見合った走りしかしませんから、不満はまったくありません。気持ちよく走れますよ」。

自らの手で愛車のすべてを面倒見る。そこに妥協はなく、理想に限りなく近い。

カスタムの詳細をチェック!

1952年式 旧車 FLのカスタム画像

(写真左)メーカー不明 エッグタンク

マスタングタンクより一回り小さいタンク。容量は8.5Lと見た目以上に確保されている。

(写真中央)リベラ製 SUキャブレター

最初についていたリンカートはトラブル続きだったため、始動性の良さからSUキャブをチョイス。

(写真右)ワンオフ オリジナルマフラー

エキパイはパンヘッド。サイレンサーはエストレヤとTW200用のモノを組み合わせて製作。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
マーキーさん
京都府 / markey’s MC cafeオーナー
Webサイト

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報