VIRGIN HARLEY | 2005年式 VRSCB カスタム紹介

2005年式 VRSCB

  • 掲載日/2007年12月12日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2005年式 V-Rod VRSCBのカスタム画像

ノーマルのデザインを活かした
いつまでも飽きないスタイル

「前は通勤用にビッグスクーターに乗っていました。本格的にバイクに乗り始めたのはコレが初めて。たまたま高速のPAで見かけたV-Rodに一目惚れしてしまったんです」。

ハーレーではなくV-Rod。V-Rodの持つスタイルの良さに惚れ込んでの選択だった。

「購入して間もない頃から、このスタイルのイメージはできていましたね。バッドランドのユーロカスタムが基本です。クオリティの高いユーロパーツをセレクトして少しずつ、今の形に仕上げていきました。意識したのは“奇抜でないこと”。飽きずに長く乗っていくためには奇抜なモノではなく、シンプルでバランスが取れたカスタムにしたかったので。今のこのスタイルはバイクを知らない人からも好評です」。

驚くのは、このV-Rod、“飾り物”ではなくかなりの距離を走破していること。

「2年と少しで5万kmほど天候を気にせず走っています。後で磨くのは大変ですが、走らないと意味がありませんからね(笑)」。

カスタムの詳細をチェック!

2005年式 V-Rod VRSCBのカスタム画像

(写真左)秀逸なデザインの ハンドル周り

VRSCBの弱点だったハンドル周りをデザインのいいイタリアのリゾマ製のモノに交換。

(写真中央)リックスモーター サイクル製ホイール

前後ホイールをドイツ製のモノに。外周をブラックにリペイントし、アクセントをつけている。

(写真右)D&D製 スリップオンマフラー

マフラーは唯一のアメリカ製。ノーマルのスタイルなのとメッキの質感の良さからチョイス。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
又吉さん
京都府 / SS cafeオーナー
Webサイト

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ