VIRGIN HARLEY | 2006年式 XL883 カスタム紹介

2006年式 XL883

  • 掲載日/2008年09月01日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2006年式 スポーツスター XL883のカスタム画像

04以降でどこまでできるか
そこへのチャレンジでした

「2004年以降のスポーツスターでチョッパー製作は難しいと聞き『それなら自分がチャレンジしよう』と、この883でのカスタムをスタート。細く、短くを意識して中型バイククラスのサイズに仕上げました」。

既製のボルトオンパーツを採用した部分もあるが、物足りないパーツはワンオフ。

「タンクは03まで用を加工して取り付け。タンクマウント部分が目立たないよう、マウントステーにも気を遣いました。ゴチャゴチャと目立つ配線はうまく隠し、コイルをサイドマウントに変更。かなりスッキリと見えるでしょう? 」。

前後サスペンションを短くし、リアフェンダーをカット。オリジナリティ溢れるチョッパーが誕生した。

「フリスコでも、オールドスクールでもない、自分らしいスタイルができあがりました。プライベートで自分が乗るバイクですから、しっかりと走るチョッパーです」。

カスタムの詳細をチェック!

2006年式 スポーツスター XL883のカスタム画像

(写真左)和をイメージした カスタムペイント

旧エボ用を加工したスモールタンクに、「和」をイメージした派手過ぎないカスタムペイントを施した。

(写真中央)配線を逃がし、コイルは サイドマウントに

ロートンネルタンク下の配線を移設し、コイルをサイドマウント。04以降でこのクリアランスは珍しい。

(写真右)スイッチ、配線類は サイドカバーへ移設

スイッチ、配線類は左サイドカバー内へ移設。一見簡単そうに見えるが、大変な作業だ。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
大阪府

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報