VIRGIN HARLEY | 2006年式 XL883L カスタム紹介

2006年式 XL883L

  • 掲載日/2009年01月06日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2006年式 スポーツスター XL883Lのカスタム画像

目指すはスリムなミニチョッパー
フリスコスタイルのカスタム

「スポーツスターを選んだのは、小柄なハーレーなのにいい音を出して頑張っているから(笑)。自分が目指す『スリムなミニチョッパー』のベース車両にも最適に思えたんです。1200と883で迷いましたが、マフラーの歯切れの良さから883を選びました」。

納車間もない頃からカスタムをスタートさせ、徐々にイメージ通りの形に近づきはじめた。

「パーツセレクトの際に注意していることは、車両がスリムに見えるかどうか。パーツ単体でカッコよくても、スリムなスタイルに合わないものは選ばないようにしました」。

一貫性を持ってカスタムを進める。遠回りせず、理想を追うのには必須の考え方だ。

「今後はリアフェンダーをカットして、スモールタンクを取り付ける予定です。コツコツ進めてきたカスタムなので、愛情たっぷりですね(笑)」。

カスタムの詳細をチェック!

2006年式 スポーツスター XL883Lのカスタム画像

(写真左)ストリートボブ用 ミニエイプハンドル

現在はミニエイプハンドルを取り付けているが、将来は高いライザーとドラッグバーにする予定。

(写真中央)サンダンス製FCR& S&Sエアクリーナー

ノーマルの883ではトルク感が細かったため、吸気をFCRで強化。鼓動感溢れるフィーリングを実現した。

(写真右)プログレッシブ製 11.5インチリアサス

全体的に車両をコンパクトにするため、短いリアサスに変更。車高のローダウンを行った。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
鈴木さん
東京都 / 会社員

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報