VIRGIN HARLEY | 2009年式 XL1200N カスタム紹介

2009年式 XL1200N

  • 掲載日/2009年09月29日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2009年式 スポーツスター XL1200Nのカスタム画像

大胆かつセクシーなカスタマイズ
妖艶なナイトスターがここに完成

今やHDJカスタムコンテストの常連となっているハーレーダビッドソンシティ川越店の松本店長が、「ありきたりなカスタムはしたくない」と、自らXL1200Nナイトスターをカスタマイズ。その完成度の高さからビルダー泣かせとも言われている“ファクトリーカスタムモデル”に、あえて挑戦した。

「センスで勝負しました」という店長、カスタムのテーマは“セクシー”さ。ベースとなるマットブラックのエンジンカラーを生かしながら、全体をスリムにまとめている。特に驚かされたのがリア周りだ。大胆にもナイトスターの代名詞とも言えるLED一体型テールライトを取り外し、テールランプとシーシーバーを一体化させてショートにしたリアフェンダーに装着。さらにクオリティの高いカスタムペイントを施すシェイキンによる塗装は、「ありそうでなかったペイント。バランスがグッドです」と松本店長を唸らせる仕上がり。

製作期間が2ヶ月と「苦労しました」(店長)だけあって、なんとも色気のある1台が完成した。

カスタムの詳細をチェック!

2009年式 スポーツスター XL1200Nのカスタム画像

FORK製キャブカバー Tear Drop Fin

その名のとおり涙を模った小ぶりなキャブカバーを採用。目立ちすぎない“渋い存在感”が全体を引き立たせている。
2009年式 スポーツスター XL1200Nのカスタム画像

FORK製 ナローライズバー

引き締まったライザー幅とハンドルバーの立ち上がりにセクシーさが漂う。今後はスイッチ周りをコンパクト化する予定だそうだ。
2009年式 スポーツスター XL1200Nのカスタム画像

H-Dシティ川越店 オリジナルシーシーバー

ワンオフで製作したシーシーバーに、テールライトを取り付けて一体化。新しいXL1200Nカスタムの解釈と言える。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
松本 泰輔さん
ハーレーダビッドソン シティ川越店 / クロームコンサルタント

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報