VIRGIN HARLEY | 2008年式 FXSTB カスタム紹介

2008年式 FXSTB

  • 掲載日/2009年10月13日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2008年式 ソフテイル FXSTBのカスタム画像

ユーロパーツの贅を尽くしたFXSTB
新たに冠せられた名は“CLOUDY BAY”

今の流行であるブラックアウト・スタイルをいち早く取り入れていたFXSTBナイトトレインを、BAD LANDが独自の解釈を盛り込んでカスタマイズした。それがこの「CLOUDY BAY」だ。

注目はリアから見るスタイリングだ。BAD LANDの十八番ともいえる300ミリのワイドタイヤを装着し、車体全体のパワフルさを強調している。エンジンのカバー部分にブラック・パウダーコートを施して下地を整え、そのうえでアクセントとなるユーロ・カスタムパーツをバランスよく配置。フロント部分には、オランダ・SJP社製のフロントフォーク・キットにデュアルヘッドライトを採用、バイクの顔とも言えるフロントの印象を一新。FXSTBのベース部分を生かしながら、見事にオリジナリティが加味されている。

乗り味が気になるこの1台は、日本におけるユーロ・カスタムの急先鋒として知られるBAD LANDのカスタム哲学が生み出した特別なFXSTBと言っていい。

カスタムの詳細をチェック!

2008年式 ソフテイル FXSTBのカスタム画像

REBUFFIN社製 3Dアルミビレット・プロダクツ

BAD LANDがイチオシするパーツ。エンド部分の肉厚が薄くなるよう設計された流麗なデザインが魅力的だ。
2008年式 ソフテイル FXSTBのカスタム画像

THUNDER BIKE社製 カスタムタンク

数少ないインジェクション仕様カスタムタンクをベースに、全面マットカラーの艶消し仕上げとしているのが特徴的。
2008年式 ソフテイル FXSTBのカスタム画像

RICK’S MOTORCYCLES製 ワイドタイヤキット

3次ドライブ方式のワイドタイヤキットで、プライマリーケースの位置はノーマルのまま取り付けることが可能だ。
取材協力

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ