VIRGIN HARLEY | 2003年式 FLSTF カスタム紹介

2003年式 FLSTF

  • 掲載日/2009年12月08日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2003年式 ソフテイル FLSTFのカスタム画像

群を抜いたスキルとセンスは健在
ユーロ・カスタムの王道が凝縮された一台

マッチョなスタイリングが特徴的なFLSTFファットボーイも、BAD LANDの手にかかれば近未来的なフォルムにカスタマイズされる――。そう語りかけてくるかのような今回のカスタム車両。ヘッドライトナセルやディッシュホイールといったファットボーイならではのパーツを遠慮なく取り除き、王道とも言えるユーロ・カスタムを全面的に取り入れ、ファットボーイ本来のスタイルとは対照的な、女性的とも言える流麗なラインを描く一台に生まれ変わっている。

最大の見せ場が、タンク下のボトムラインが描く“くびれ”だ。W&Wからリリースされているタンクを自社で加工し、色気のあるラインを生み出すことに成功している。ここからリアフェンダー、そしてこちらもBAD LANDの十八番である300ミリのリアタイヤが、全体の印象を力強くする。

“必然性が生み出す高い完成度”とはBAD LANDの代名詞だが、その高いスキルとセンスが健在であることを伺わせる一台だ。

カスタムの詳細をチェック!

2003年式 ソフテイル FLSTFのカスタム画像

BAD LAND製 セパレート型ハンドル

ワンオフ製作されたL字型のセパレートハンドルバー。シンプルなデザインながら存在感のあるパーツと言える。
2003年式 ソフテイル FLSTFのカスタム画像

W&Wリリースのパーツを BAD LANDが加工処理

W&Wがリリースしているオーストリア・PENZ社製のタンクをワンオフ加工。全体の造形美を決定付けるポイントだ。
2003年式 ソフテイル FLSTFのカスタム画像

W&W製 エギゾーストキット

ドイツ・AS INDUSTRIES製のエキゾーストキットをチョイス。全体に耐熱性を持たせたブラック加工を施行している。
取材協力

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ