VIRGIN HARLEY | 1948年式 FL カスタム紹介

1948年式 FL

  • 掲載日/2009年12月15日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
1948年式 旧車 FLのカスタム画像

ドイツW&W製パーツが取り込まれた
バツグンの完成度を誇るヨンパチ

今回紹介する“ヨンパチ”は、ハーレー乗りのためのウェアを発信するアパレルメーカー「Run & Guns」代表の中村氏の愛車。これが初めてのハーレーだというから恐れ入る。フルオリジナルの状態で購入するも、まったく動かない車両だったため、レストアするところからカスタムが始まった。ボバースタイルにするなど試行錯誤を重ねた結果、「やっぱり自分はチョッパーに乗りたい」という結論に達し、今の姿にたどり着いたと言う。

クラシカルなスタイルが魅力のチョッパー・カスタムながら、各所にドイツのW&Wがリリースするパーツが使われている点に驚かされる。中村氏が尊敬するBAD LAND代表のクワイケイイチ氏の薦めで、「クワイさんに教えられるまで、W&Wが扱っているのはハイテクパーツだけと思っており、旧車向けのパーツがあるとは知らなかったんです。W&Wの品質の高さには驚かされました」と語る。

「今のスタイルはかなり気に入っています。が、まだまだ手を付けたいところはあるんです。ホイールをアルミの削り出しでワンオフ製作したいですし、これからも触っていきますよ」

カスタムの詳細をチェック!

1948年式 旧車 FLのカスタム画像

BAD LANDオリジナル ワンオフハンドルバー

カリフォルニア・スタイルをイメージしたハンドルバー。スタイリングはもちろん、ライディングの位置も申し分なし。
1948年式 旧車 FLのカスタム画像

Run & Gunsオリジナル ワンオフミニタンク

スポーツスターのノーマルタンクのセンターをカットし、スリムにしたワンオフパーツ。ペイントはBAD LAND製だ。
1948年式 旧車 FLのカスタム画像

Run & Gunsオリジナル ワンオフマフラー

スラッシュカットされた細身のエキゾーストが印象的。チョッパーテイストを色濃く出すのに欠かせないポイントだ。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
中村 章さん
東京都

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報