VIRGIN HARLEY | 2009年式 FXCWC カスタム紹介

2009年式 FXCWC

  • 掲載日/2010年02月23日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2009年式 ソフテイル FXCWCのカスタム画像

ボルトオン・カスタムでここまでできる
カリフォルニアをほうふつさせるロッカーC

20代の頃、国内やアメリカのエンデューロレースで走っていたという経歴を持つHIDEさん、「元々ハーレーに乗るつもりはなかった」のだが、友人に連れて行かれたディーラーでこのFXCWCロッカーCに出会い、ひとめ惚れ。「昔訪れたアメリカのカリフォルニアで見たハーレーをほうふつさせるスタイリングが気に入ったんです」。


自身が掲げるカスタムのテーマは、「カリフォルニア州ポモナで開催されるレースウィークの週末にパーキングに集まってくるウエストコーストスタイル」。その高い完成度から、ディーラーでさえカスタムに頭を悩ませるロッカーCをここまで仕上げた。何よりほとんどのパーツがボルトオンだと言う点にも驚かされる。リアタイヤも240mmから260mmにアップしているが、フレームを触ることなくホイール等のパーツ交換のみ。トータルのカスタム費も「3ケタ万円に届いていない」というから、恐れ入る。

オリジナルのスタイリングを綺麗に残しながら、独特のパーツチョイスでオーナーの好みを見事に表現している一台。ここまでカスタマイズされたロッカーCというのはかなり稀有な存在と言える。同じモデルに乗るオーナーは、自身のカスタムの参考にぜひ。

カスタムの詳細をチェック!

2009年式 ソフテイル FXCWCのカスタム画像

Kuryakin製ハイパー チャージャー・エアクリーナー

ギミックのカッコよさからチョイス。デザイン性以外にも、給排気のバランスも考慮した絶妙のエアクリーナーだ。
2009年式 ソフテイル FXCWCのカスタム画像

アメリカンドリームス製 フレイムス型押シート

シートポジションを変更するためにカスタム。ペイントと同じモチーフにまとめるなど、やはりデザイン性にこだわる。
2009年式 ソフテイル FXCWCのカスタム画像

RC Components製 リアホイールほか

リアタイヤを260mmにワイドアップし、さらにフェンダーをカットしてリアエンドの迫力アップ。プーリー等も交換した。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
HIDEさん
東京都 / 自営業
HIDEさんが経営する ラグナデンタルクリニック

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報