VIRGIN HARLEY | 2010年式 FLSTN カスタム紹介

2010年式 FLSTN

  • 掲載日/2010年04月02日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2010年式 ソフテイル FLSTNのカスタム画像

レディースカスタムの新解釈
純正P&Aメインのダーティな1台

純正パーツだけでも、ここまでカスタムできる――。

80本スポークホイールとJAPAN DRAGのハードコア・タイフーン・ファンネル・エアクリーナー以外はすべてH-D純正パーツでカスタムしたFLSTNソフテイル・デラックス。ハーレーダビッドソンジャパンが推奨する「ダーク&クローム」をベースカラーに、ダーティな仕上がりとなったこの1台、なんとH-Dシティ川越店の女性店員とメカニックがプロダクトした「レディース・カスタム車」だというから驚きだ。

「レディースカスタムというと“可愛らしさ”をイメージしてしまいがちですが、女性だってカッコよく、パワフルに乗りこなしたい!って思うんです。そうした想いを取り入れてみました」

とは、H-Dシティ川越店の小瀧さん&大矢さん。

エイプハンガーやブレーキ&クラッチレバー、フットボードなどは2010年最新のH-D純正パーツをチョイス。さらに「ダーク&クロームだとウインカーをスモークにしそうですが、あえてオレンジを残してアクセントと可愛らしさを入れています」と、女性目線と言えるカラーリングへのこだわりを見せる。

「新車・中古車」試乗・商談会 in 東京(味の素スタジアム)でお披露目されたシティ川越珠玉のカスタム車、現在オーナーを募集中だとか。ダンディな男性も似合いそうだが、女性が乗りこなしているところを見てみたい1台だ。

カスタムの詳細をチェック!

2010年式 ソフテイル FLSTNのカスタム画像

2010年H-D純正 エイプハンガーほか

インパクト大のエイプハンガーにパンチアウトされたアルミグリップやレバー類を配したハンドル周りとし、力強さアップ。
2010年式 ソフテイル FLSTNのカスタム画像

2010年H-D純正 ペイント“BURN”

H-Dオリジナルのブラックフレイムのペイントを施した。シリアルナンバー入りなので、オーナーはその特別感に浸れる。
2010年式 ソフテイル FLSTNのカスタム画像

PAUGHCO製 80本スポークホイール

足元をビッシリ引き締めるH-Dシティ川越が得意とするカスタム。ノーマルのスポークホイールが霞んでしまう存在感。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
SASAさん
埼玉県 / 会社員
取材協力

住所/埼玉県川越市南台2-3-19
電話/049-249-2280
ファックス/049-249-2282
営業/10:00~19:00
定休/水曜

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報