VIRGIN HARLEY | 2010年式 FXDB カスタム紹介

2010年式 FXDB

  • 掲載日/2010年05月18日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2010年式 ダイナ FXDBのカスタム画像

漆黒のボディは存在感バツグン
ストリートボブの名にふさわしいカスタム

以前はFLSTSBソフテイル・クロスボーンズに乗っていたオーナーのdaisukeさん、「スプリンガーフォークにひと目惚れして購入したんですが、僕はもっぱら街乗りがメインなので、都会のストリートに似合うモデルに乗り換えようと思い、買い換えました」と言う。ブラックアウトされたFXDBのスタイルに惹かれたわけだが、ここからH-D川越店の松本店長とカスタムの方向性を定め、よりダークな色合いを強めた一台に仕上がった。

「カスタムのイメージがどんどん沸いてくるモデルなので、松本店長と話し合うのが楽しかったです。デュオグライドテールライトやFXDWGダイナ・ワイドグライドのシッシーバー、Brat Styleのエイプバーなどは店長から提案してもらったパーツで、いずれもすごく気に入っています」

奥さんも「主人の遊び方に一番合っているスタイルだと思います」とご満悦。明確なオーナーの好みとビルダーの提案力が見事にマッチした完成度の高いFXDB。実はこの一台、「ノーマルとしての楽しみ方を味わいたかった」というオーナーの意向からこのスタイルで納車されたのだが、このほかに「チャコールグレーでのフルペイント」と「ナンバープレートのサイドマウント」というカスタムメニューが控えていたそう。まだ乗り出してまもないが、daisukeさんは早くもこの2つのメニューに興味深々のようだ。

カスタムの詳細をチェック!

2010年式 ダイナ FXDBのカスタム画像

Brat Style製 So,Cal SURINUKE Bar

「見た目と乗車時のスタイリングを重視してチョイスしました」というエイプバー。取り回しやすくはないが、慣れたそうだ。
2010年式 ダイナ FXDBのカスタム画像

NEO FACTORY製 デュオグライドテールライト

1950年代に登場したデュオグライドのテールライトを斜め上向きに装着。さらに車体カラーに合わせてブラックアウト。
2010年式 ダイナ FXDBのカスタム画像

JAPAN DRAG CC製 ハードコア・エアクリーナー

タイフーンファンネルなど高性能エアクリーナーを精力的に開発する同ショップの最新作。松本店長イチオシ商品だ。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
daisukeさん
埼玉県 / 会社員
取材協力/ハーレーダビッドソンシティ川越店<

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報