VIRGIN HARLEY | 2002年式 XL883R カスタム紹介

2002年式 XL883R

  • 掲載日/2010年09月07日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2002年式 スポーツスター XL883Rのカスタム画像

河川敷の砂利道も難なく走る
鉄板カスタムのダートラレーサー

ご覧のとおり、’60年代のダートトラックレーサー・カスタム。全体的なバランスや完成度は、さすが HIDE MOTORCYCLE といったところか。

友人からほぼノーマルの状態で譲り受けたというオーナーが、ビルダー HIDE に完全おまかせでカスタムを依頼。そこで提案されたのがこのスタイルだ。5~6年ほど前、こうしたオールドスクール・スタイルが廃りを見せたことに対して「このカスタムは流行り廃りじゃない、“鉄板”であるべき」という HIDE の想いから、あえてアンチテーゼ的な意味合いを持たせたかったそうだ。

キモとなるのは細身のスタイリング。ノーマルタンクを細長く加工し、カフェレーサータイプのシート&カウル一体型パーツをワンオフ製作、絶妙のフォルムを入手している。そこにオリジナルパーツであるハンドルバー“ドロッパー”にテールライト&ナンバープレート一体型パーツと、HIDEMO 定番のカスタムを施してフィニッシュ。ちなみにタンクのデザイン&ペイントは、過去の古いモノクロ写真からカラーリングをイメージしたものだそう。

多摩川の砂利道でも難なく走れるトラッカー・スポーツスター。鉄板のカスタムが生んだ永久不滅のスタイリングは、バイクでの遊び方にもさらなる幅をもたらしてくれる。

カスタムの詳細をチェック!

2002年式 スポーツスター XL883Rのカスタム画像

ノーマルタンクを 細身に加工

トラックレーサー本来のスタイリッシュなフォルムを形成するため、ノーマルタンクのサイドを削って滑らかに加工した。
2002年式 スポーツスター XL883Rのカスタム画像

HIDEMO オリジナル カフェ型シート&カウル

タンクのフォルムとのセッティングや、リアエンドからの迫力を増すためワンオフ製作。ダイヤステッチがデザインとなる。
2002年式 スポーツスター XL883Rのカスタム画像

HIDEMO オリジナル サイドテールボルトオン

HIDEMO でカスタムされた車両のほとんどに取り付けられている定番パーツ。ヴィンテージ風ライトとの相性バツグン。
取材協力

住所/神奈川県川崎市高津区久地2-4-28
電話/044-822-8069
営業/9:00~20:00
定休/水曜

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報