VIRGIN HARLEY | 1996年式 XL1200C カスタム紹介

1996年式 XL1200C

  • 掲載日/2010年11月16日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
1996年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

スポでどこまでカスタムできるか
他分野のパーツを取り入れた一台

心臓には SUNDANCE 製のスーパーXRエンジンを搭載した XL1200C。スポーツスター・ブームがちょうど始まろうという90年代後半にオーナーとなったM・Mさん、当初はこのエンジンの載せ換えのみでとどめるはずだったが、ベルトドライブが切れてしまったことをキッカケにチェーンドライブ化を図り、カスタムを担当していた Glory Hole のスポーツスター用17インチキットを採用したあたりから、“走り”に重点を置いたカスタムへとシフトチェンジしていった。

「スポーツスターをベースに、どこまでカスタムしていけるか」というテーマにのっとり、長い月日をかけてコツコツと進化してきた。ご覧のとおり、異彩を放つスタイルへと変貌を遂げたわけだが、オーナーはまだ満足していない。

「今のリアショックが思っていたよりも硬かったので、できればオーリンズ製に換えようと思っています。あとホイールも検討中でして」

そのままサーキットに持ち込んでもアグレッシブな走行を見せてくれそうなトラッカー型スポーツスター。公道でどんな走り方をしているのか、一度見てみたい気がする。

カスタムの詳細をチェック!

1996年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

OHLINS 製 正立フロントフォーク

国産バイク用ホイールにブレンボのブレーキキャリパーを組み合わせた最強のセッティング。もはやスポの域を超える。
1996年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

スポーツスター用 ダートトラッカータンク

オーナーがイメージしていた高級スポーツカーのカラーリングを具現化。山吹色と黒のコントラストが際立つ作品だ。
1996年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

ワンオフ製作 トラッカーシート

リアフェンダーとシートを一体にしたオリジナルのトラッカーシート。往年のダートトラックレースをほうふつさせる逸品。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
M・Mさん
京都府
取材協力
Glory Hole

住所/京都府京都市伏見区竹田西小屋ノ内町52
TEL/075-605-4076
FAX/075-605-4077
営業/11:00~20:00
定休/火曜

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ