VIRGIN HARLEY | 2007年式 XL883R カスタム紹介

2007年式 XL883R

  • 掲載日/ 2011年03月29日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2007年式 スポーツスター XL883Rのカスタム画像

フリスコスタイルとテーマ定めた
“良いとこ取り”カスタム

「理想とする姿は映画『イージー・ライダー』のビリー(デニス・ホッパー)のバイク。それを抱きつつ、“フリスコスタイル”をテーマにカスタムを進めてきました」

カスタムの幅広さなどからスポーツスターをチョイスしたオーナーの相良さん。元が XL883R とは気づきにくいほど手が加えられた愛車のカスタムポイントに目をやると、サンダンス、ナイス!モーターサイクル、ネオファクトリー、トランプ、TT & COと、業界の大御所とも言えるショップのパーツがいくつも取り入れられている。「自分のイメージに合うパーツを探した結果なんです」とはオーナーの弁だが、それでもこれほどまとまっているのは、やはり明確なカスタムテーマがあるからこそ。

注目して欲しいのが、自身の手で ECM の移設を行った点。スポーツスターの2007~2009年モデルは ECM がシート下に設置されているため、コンパクトなシートへの交換が出来ないなどカスタムに苦しむユーザーが多いと聞く。そこでオーナーがアイディアを絞り、サイドカバー内に収納されているバッテリーをリチウムイオン化してサイズダウン、空いたスペースに ECM と ETC を自らの手で移設させたのだ。これにより、写真のようなソロシートの装着を実現、現行インジェクションモデルながらスタイリッシュなフォルムの形成に成功した。

「HOTBIKE JAPANなど専門誌を見て、自分なりの理想を固めました。プロのような完成度とまではいきませんが、自分が選んだパーツでここまで仕上げられているので、今のスタイリングには満足しています」

そこかしこにこだわりが散りばめられた一台、永い付き合いになることは間違いない。

2007年式 スポーツスター XL883Rのカスタム画像
サイドカバー内のバッテリーをコンパクト化して、ECM、さらに ETC まで収納した。ECM 移設に四苦八苦しているスポーツスターオーナーはぜひ参考にしてほしい。

カスタムの詳細をチェック!

2007年式 スポーツスター XL883Rのカスタム画像

TRIJYA オリジナル メーターステー

TRIJYA 岡本 佳之氏がワンオフ製作を請け負ったスポーツスター用ブラケット。現在 TRIJYA 製品にラインナップ。
2007年式 スポーツスター XL883Rのカスタム画像

FORTY-EIGHT 用タンク & 前後ショートフェンダー

タンクと前後フェンダーのパッケージをネットオークションでゲット。ヴィンテージな雰囲気たっぷりのデカールで演出。
2007年式 スポーツスター XL883Rのカスタム画像

TT & CO オリジナル ダイヤステッチソロシート

オーナー自らの手で ECM などを移設したことにより実現したシート装着。ステーなどは大木産業によるワンオフ製作。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
相良 仲志さん
神奈川県 / 会社員

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。