VIRGIN HARLEY | 1966年式 ショベル カスタム紹介

1966年式 ショベル

  • 掲載日/2011年08月30日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
1966年式 旧車 ショベルのカスタム画像

旧車の域を超えたパフォーマンスを誇る
完成まで2年を要したグリーンチョッパー

エンジンのシリンダーヘッドを見て「何年式のツインカムだろう」と思われることだろう。しかし本車両のオーナーにしてアフターパーツメーカー「KEN TEC」代表の吉岡健一さんによると、1966年式の旧車だと言う。年代から言えばショベルだと思われるが、アメリカで形状変更を施されたエンジンを搭載した車両を入手、自らカスタムを施すことに。

「ウチに来たときは、かなりヤレた感じだったので、とにかくキレイに、そしてカッコよくしてやりたかった。スタイルはもちろんチョッパーで、テーマは“夜の都会を流したときに、人が振り返るようなバイク”。色はグリーンと決めていて、自分がイメージするスタイルに近づけるため、ほぼすべてワンオフ製作しました」

元々は国産バイク用のパーツしか取り扱っていなかったが、この車両購入をキッカケにハーレー用アフターパーツ開発に着手。今では国産用に匹敵するほどラインナップも豊富になった。

完成まで約2年を要した珠玉の一台。ここ KEN TEC はコンプリートエンジンも扱っており、エンジンのパフォーマンスアップに大きな自信を覗かせる。もちろんこの車両もチューニングされており、旧車の域を超えるパワーを有しているそう。力強い“元”ショベル、一度その乗り味を体感してみたい。

1966年式 旧車 ショベルのカスタム画像
1966年式 旧車 ショベルのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1966年式 旧車 ショベルのカスタム画像

KEN TEC オリジナル スプリンガーフォークキット

チョッパーの定番パーツであるスプリンガーフォークを装着。ヘッドライトステー、トリプルツリーも同ショップオリジナル。
1966年式 旧車 ショベルのカスタム画像

KEN TEC オリジナル オールドバー

国産アメリカンモデルにも取り付けられる汎用パーツ。旧車らしいワイドな乗り心地が楽しめるところが最大のポイント。
1966年式 旧車 ショベルのカスタム画像

ワンオフ製作 コールフォスター型タンク

イメージを具現化するにあたり、見せ場となるタンクをコールフォスター型でワンオフ製作。滑らかなラインが美しい。
1966年式 旧車 ショベルのカスタム画像

ワンオフ製作 ヘビ革使用のソロシート

元々真っ黒なソロシートを装着していたが、「地味に見えたので」と、インパクトあるホワイトのシートをワンオフ製作。
1966年式 旧車 ショベルのカスタム画像

装着済みフェンダーを ショートカット化

リアエンドの迫力を出す定番のカスタムポイント。グリーンというカラーがより強調される仕上がりとなっている。
1966年式 旧車 ショベルのカスタム画像

KEN TEC オリジナル 2in1マフラー

エンド部分が真鍮というオリジナルのマフラー。KEN TEC のラインナップにはバリエーション豊かなアイテムが揃う。
取材協力
住所/東京都板橋区小豆沢4-27-9
Tel/03-5914-1270
Fax/03-5914-1281
営業/11:00~19:00
定休/水曜

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報