VIRGIN HARLEY | 1999年式 FXSTS カスタム紹介

1999年式 FXSTS

  • 掲載日/2014年08月18日【カスタム紹介】
  • 文/VIRGIN HARLEY.com 編集部
1999年式 ソフテイル FXSTSのカスタム画像

スタイリングの美しさで女性らしさを演出

ショベル以前のオールドモーターをベースに徹底的に作り込まれたカスタムマシンを製作するロナーセイジ。しかし意外にもツインカムやEVOベースのマシンも数多く手掛ける守備範囲の広いショップであることをご存知であろうか? ここに紹介する1989年式のスプリンガーソフテイルのカスタムマシンもEVOをベースにしたそんな一台だ。

オーナーはこの車両がはじめてのオートバイだという皆川光子さん。ご主人がロナーセイジでパンヘッドを手に入れたことを機に、15年以上乗り続けたこのスプリンガーソフテイルを奥様の光子さんに譲ることになった。そこで女性でも乗りやすいようにとカスタムが施された。ビレット製の美しいミッドコントロールが製作され、フューエルタンクはマスタングタンクをモディファイ。サイドにエグリ加工が施されたロナーセイジらしいタンクである。ハンドルはプルバックライザーにタイトなドラッグバーを装着。グリップはロナーセイジ定番の積み革グリップが取り付けられている。シートはワンオフのダブルシート。ショートシッシーバーがリアエンドの見所となっている。

ブラックというソリッドなカラーリングからも、一見するととても女性オーナーのマシンだとは思えないハードな印象のこのカスタム。あえて女性っぽさは排除し、しかしながらもスタイリングの美しさでエレガントな女性らしさを演出している。百戦錬磨のロナーセイジらしいアプローチのマシンだと言えるだろう。

1999年式 ソフテイル FXSTSのカスタム画像
1999年式 ソフテイル FXSTSのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1999年式 ソフテイル FXSTSのカスタム画像
ボブフェンダーの造形がエレガントな印象のリアエンド。ショートシッシーバーのマウントも非常に美しい。
1999年式 ソフテイル FXSTSのカスタム画像
エグリ加工が施されたマスタングタンク。光の加減でフレイムスが浮かび上がる凝ったカスタムペイント。
1999年式 ソフテイル FXSTSのカスタム画像
タイトなドラッグバーをオーナーに合わせてプルバック。レバー、スイッチ類はロナーセイジオリジナル。
1999年式 ソフテイル FXSTSのカスタム画像
肉抜きが施されたワンオフのチェーンガード。決して大きく主張するパーツではないが、丁寧に作り込まれている。
1999年式 ソフテイル FXSTSのカスタム画像
ステッチワークが個性的なダブルシート。タンデムライドを考えてシッシーバーにはパッドが取り付けられている。
1999年式 ソフテイル FXSTSのカスタム画像
ロナーセイジの真髄たるプライマリー周り。ビレット製のベルトガードにミッドコントロール、クラッチドームにため息が。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
皆川 光子さん
茨城県 / 主婦

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

ピックアップ情報