VIRGIN HARLEY | 2011年式 XL1200X カスタム紹介

2011年式 XL1200X

  • 掲載日/2015年01月08日【カスタム紹介】
  • 写真・文/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2011年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

カスタムカルチャー全盛期の
薫りを漂わせる完成度高い一台

「まるでメーカーがそのまま出してきたような一台にしたかった」

トランプ代表の長岡 守さんが狙ったのは、カンタンそうで実はもっとも難しい完成度の一台だ。やろうと思えば青天井とも言われるハーレーのカスタムだが、やりすぎてしまうとノーマルモデルが持つ本来の魅力を失ってしまうことになる。ましてや、ベースモデルとなったのは屈指の人気を誇るファクトリーカスタムモデル。フォーティーエイトそのものの味わいを保ちつつ、「鈍臭いところを整えてやる」(長岡さん)ことで良いところを引き出し、“乗って楽しいスポーツスター”に仕上げること。その目標どおりの一台ができあがったとビルダーも満足そうだ。

近年、主にスポーツスター用パーツを数多く排出している同ショップのフルカスタムということで、そのディテールを見るとトランプによるカスタムメニューのフルコースといったところ。ただ、パーツをそのままボルトオンしてもこうはならないところがカスタムショップとしての腕の見せどころで、実はオーナーの井上さんも自分の手でカスタムを進めていたのだが、「どうしてもトランプのバイクの風合いが出せない」と、最後の手段でショップオーダーとした。

濃度の違うパープルのツートーンというやや派手めなカラーリングは、ビルダー曰く「1960年代のホットロッドシーンをインスパイアしたもの」だと言う。トランプのソロコブラシートをベースに張り替えられた表皮の風合いは、現行モデルとは思えないビンテージ感を醸し出しており、それでいて攻撃的なレーサースタイルとしての完成度も高い。フォーティーエイト カスタムの新しい指標となるか。

2011年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2011年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

ドラッグバー& 4インチストレートライザー

ドラッグレーサーのスタイルを演出するうえで欠かせない組み合わせ。攻撃的なポジションが魅力的。
2011年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

ローマウント型 スポーツスタータンク

量産体制を作りつつあるローマウント型タンク。ラバーマウントのシルエットを美しく象るポイント。
2011年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

TRAMP CYCLE ソロコブラシート

ベースをオリジナル品とし、まるでビンテージカーのような表皮に張り替えて多めのステッチでフィニッシュ。
2011年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

フォーティーエイト用 ショートフェンダー

やや長い印象のノーマルフェンダーと比べると、その差は一目瞭然。タイヤと織り成すラインも秀逸だ。
2011年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

TRAMP CYCLE フルチタンマフラー

車重を10数キロほど軽量化させるトランプの必須メニュー。当然ステップ位置もミッドコントロールに。
2011年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

TRAMP CYCLE ライトスプロケット

H-D純正ライトプーリーと同じ重量ながら、削り出しなので高剛性とされるトランプ屈指の人気パーツ。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
井上 力也さん
静岡県 / 会社員
取材協力
住所/大阪市都島区中野町2-2-12
Tel/06-6882-1133
Fax/06-6882-2224
営業/12:00~19:00(日曜12:00~18:00)
定休/月曜、第2日曜(木曜は店頭業務休業)

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

ピックアップ情報