VIRGIN HARLEY | 2010年式 FXDC カスタム紹介

2010年式 FXDC

  • 掲載日/2015年02月19日【カスタム紹介】
2010年式 ダイナ FXDCのカスタム画像

使用目的に合わせた
カスタムが施されたダイナ

バイクの楽しみ方はいろいろあると思い、使用目的に合わせてオンオフ問わずたくさんのバイクを乗り継いできたというオーナーの宮田さん。そんなバイクの中でもSR500の単気筒の鼓動感に感銘を受け6万キロ以上も走ってきた。しかしそのSR500が盗難にあってしまい、鼓動感の強いバイクを探していたところハーレーに巡り会ったというわけだ。アメリカンモデルには興味はなかったそうだが、その鼓動感に惚れ各モデルを試乗した結果、ダイナに決定。

カスタムは使用目的に合わせたモディファイを心がけているという。大柄な車体のハーレーはハンドルも遠く、ライザーとシート交換でポジションを調整。ネオガレージの4インチライザーに、機能とスタイルを両立させたK&H製のダブルシートが装着されている。自分の体に合ったライディングポジションは安全に走るためには最も重要なポイントだという考えから、まずはポジション調整に着手したというわけだ。その他にはグリップやハイウェイペグ、シーシーバーを取り付けさらに快適性を追求。ベテランライダーらしい選択と言えるだろう。

2010年式 ダイナ FXDCのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2010年式 ダイナ FXDCのカスタム画像

K&H製 キング&クイーンシート

スタイルと機能にこだわるメイドインジャパンの逸品。その作りの良さから長距離ライドでも威力を発揮する。
2010年式 ダイナ FXDCのカスタム画像

ネオガレージ製 ハイウェイペグ

長距離ツーリングでの快適性を約束してくれるハイウェイペグ。デザインもシンプルなものをチョイス。
2010年式 ダイナ FXDCのカスタム画像

ネオガレージ製 4インチライザー

ストックのハンドル自体は気に入っていたとのことでライザーでポジションを調整し操作性が飛躍的に向上。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
宮田 一仁さん
千葉県 / 会社員

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

ピックアップ情報