VIRGIN HARLEY | 2005年式 XL1200R カスタム紹介

2005年式 XL1200R

  • 掲載日/2015年05月21日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2005年式 スポーツスター XL1200Rのカスタム画像

70’sの薫りを漂わせる
“らしい”スポーツスター

カスタムショップ ブルオリジナルを率いる米澤拓也氏は、かつてオフロードレーサーとして全日本選手権に出場した経験を持つ異色のビルダー。ショップに足を運ぶと、チョッパーハーレーとともにオフロードバイクが並ぶユニークな側面も。

このフルカスタムXL1200Rは、人気の米パーツメーカー『ローランド・サンズ・デザイン』パーツをふんだんに使用したRSDとのコラボレーションモデルで、マフラーやエアクリーナー、ハンドルバー、ホイール、バックステップなど各所に同メーカーパーツが用いられている。そんな一台をさらにキャラクターの強いものへと昇華させているのは、ブルオリジナルらしい“あるべきスポーツスターの姿”としてのアプローチだ。

F19/R18インチとされた前後ホイールにはトレールバイクをほうふつさせるブロックタイヤが備わり、前後フォークともすっくと長さを確保。ローダウン仕様モデルが続くスポーツスターにしっかりとした高さを持たせてやることでバンク角を確保し、スポーツライドが楽しめる仕様としてまとめている、

そして、この一台を強く印象づけるのが、オリジナルのボートテールシートカウルだ。70年代FXのスーパーグライドに見られたスタイルをスポーツスター用パーツとして開発、ボルトオンで装着可能なこのアイテムは、リアエンドの印象を決定づけるインパクトを有する。

「ボートテールを現代のテイストで蘇らせたら……というのが当初のコンセプトでした。XR1200じゃちょっと大きいので、XLモデルとXR1200のちょうど中間というイメージの一台ですね」

フラットなハンドルバーはかなり前方にあり、ボートテールにバックステップという組み合わせから、ライディングポジションは前屈気味の攻撃的なものに。そんなライダーの気持ちを昂らせるかのように、しっかりとセッティングされたキャブレター ラバーマウント1200モデルは、キャブ車とは思えない心地よい走り出しと加速感を味わわせてくれる。リア18インチのおかげで旋回性はアップしており、ホイールベースの長さや車重はほとんど気にならない。リジッドスポーツから見れば大柄なラバーマウントだが、しっかりとスポーツライドが楽しめるモデルに仕上げられている。新オーナーとなられる方には、ぜひその点を楽しんでいただきたい。

2005年式 スポーツスター XL1200Rのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2005年式 スポーツスター XL1200Rのカスタム画像

パフォーマンスマシン CROSSBARヘッドライト

バイクの表情には、あえてRSDの父親ブランドパーツをチョイス。さりげないデザインながら主張は強い。
2005年式 スポーツスター XL1200Rのカスタム画像

RSD ハンドルバー

バックステップと同様、ブルオリジナルで開発したものをRSDが製品化。マスターシリンダーもRSD製。
2005年式 スポーツスター XL1200Rのカスタム画像

ボートテール シートカウル

1971 FXスーパーグライドに見られた伝統のスタイルをオリジナルで作成。ボルトオン装着が可能だ。
2005年式 スポーツスター XL1200Rのカスタム画像

カーボンファイバー エアクリーナー

RSDのなかでもとりわけ人気が高いアイテム。走行時にヒザが干渉する部分を配慮し、斜めにカットしたデザインに。
2005年式 スポーツスター XL1200Rのカスタム画像

RSD 2into1 エキゾーストシステム

ステンレススチールを素材に手がけられたメガホンマフラー。エンドキャップはカーボンファイバー製だ。
2005年式 スポーツスター XL1200Rのカスタム画像

プログレッシブ 970シリーズ 12.5インチ

ダートトラックレーサーらしさを演出すべく、フロントフォークとともに長さと性能を考慮したサスをチョイス。
取材協力
住所/神奈川県横浜市神奈川区新子安2-3-36 三基ビル1F
TEL/045-431-3456
FAX/045-489-6366
営業/[月~金]13:00~20:00  [土・日・祝]11:00~20:00
定休日/水曜

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

ピックアップ情報