VIRGIN HARLEY | 2009年式 FXDC カスタム紹介

2009年式 FXDC

  • 掲載日/2015年06月01日【カスタム紹介】
2009年式 ダイナ FXDCのカスタム画像

オリジナルスタイルに
こだわったダイナ

ヤマハRD50やSR400、スズキGS400などを乗り継いでこられたオーナーの吉富さん。結婚後、約30年のブランクを経てバイクへの思いが再燃し、娘さんとハーレーディーラーを訪れダイナにひと目惚れ。数多いビッグツインモデルの中でも軽快に走れそうなモデルだと思い、購入に至ったという。もちろん娘さんもダイナがお気に入りとのこと。

カスタムのコンセプトはダイナのオリジナルスタイルを崩さないことと考え、見た目の派手なカスタムは控えることに。リアサスペンションはオーリンズが取り付けられているが、あえてイメージカラーのイエローではなくシンプルなクロームタイプをチョイス。マフラーはクロームワークスに換装されているが、コチラも純正スタイルのテーパードマフラーとしている。唯一大きく主張しているのはミスミの10スポークホイールだろう。ローターは同じくミスミ製、キャリパーはブレンボが装着されている。エンジンの点火系はサンダーマックスで調律し、さらにカムにも手が入れられパフォーマンスアップが計られている。

2009年式 ダイナ FXDCのカスタム画像
2009年式 ダイナ FXDCのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2009年式 ダイナ FXDCのカスタム画像

K&H製 ソロシート

質実剛健な作りからハーレー乗りの絶大な支持を得ているK&Hのソロシートが装着されている。
2009年式 ダイナ FXDCのカスタム画像

シート下にETCを装着

K&Hのシート下にはすっきりとETCユニットが収められている。やはりETCはツーリングには必須だろう。
2009年式 ダイナ FXDCのカスタム画像

ミスミ製 10スポークホイール

オーナーがどうしても取り付けたかったというミスミの10スポークホイール。キャリパーはブレンボをチョイス。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
吉富 昭彦さん
千葉県 / 仕事模索中

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ