VIRGIN HARLEY | 2011年式 XL1200L カスタム紹介

2011年式 XL1200L

  • 掲載日/2015年06月22日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com編集部
2011年式 スポーツスター XL1200Lのカスタム画像

ラバーマウントの弱点を
独自プロダクトで克服

カスタムしづらいと言われるラバーマウント スポーツスター。リジッドスポーツと比べて20kg以上重い車重もさることながら、ネックとされるのがシート下のオイルタンクとバッテリーだ。このふたつが収納されるサイドカバーが大きく外に出ているため、どれだけ他をカスタムしてもリジッドスポーツのようなスマートさを手に入れることはできない。

さまざまなスポーツスター カスタムを手がける神奈川・川崎のカスタムショップ『ヒデモーターサイクル』にとっても悩ましい問題のひとつとなっていた。そんな“永遠の課題”に対して、ビルダー渡 直也さんが出した答えが、オリジナルのオイルタンク&バッテリーの移設という思い切った手法だ。シート下の構造そのものを変えるわけだが、いざ着手するとその作業負担に辟易する。それでも着手すると決めたのは、「ここをクリアしないと、理想的なスタイルを手に入れられないから」という信念から。

「目指すスタイルも結構悩みましたが、ヒデモ流に解釈するカフェレーサーに決めたんです。インジェクションモデルなので、ECMの移設や配線処理など、本当に苦労しました(笑)」

カスタムにほぼ一年を要したこのスポーツスター、ワンオフのフューエルタンク&シートカウルや加工装着したドラッグバーなど、ヒデモらしさが随所に見受けられる。テーマとなったカフェレーサーについてもそのままブリティッシュにするのではなく、ヒデモ流にアレンジして70’sアメリカンな雰囲気をまとった仕様に。それでも特筆すべきは、ラバーマウントモデルをここまでスマートに仕上げたことだろう。

量産化も検討しているというオリジナルのオイルタンク。今後、このフォルムがヒデモオリジナルとなる日が来るのかもしれない。

2011年式 スポーツスター XL1200Lのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2011年式 スポーツスター XL1200Lのカスタム画像

加工装着した汎用ドラッグバー

戦闘的なスタイルを生むべく、汎用品のライザーをコンパクトに加工して短いドラッグバーと組み合わせた。
2011年式 スポーツスター XL1200Lのカスタム画像

ヒデモ ワンオフフューエルタンク

クリア&マットのツートンブラックをベースに、ビンテージ感を生むフレイムスを描いてのフィニッシュ。
2011年式 スポーツスター XL1200Lのカスタム画像

ヒデモ ワンオフ シートカウル

シート下の無駄が省かれたことで装着可能となったFRPカウル。実は裏側やフレームにも手が入っている。
2011年式 スポーツスター XL1200Lのカスタム画像

エンジン左側にイグニッションを移設

タンク下の配線を取り除いてイグニッションを移設。これがオリジナルタンクが装着できる定番メニュー。
2011年式 スポーツスター XL1200Lのカスタム画像

ヒデモ オリジナル オイルタンク

渡さん自ら溶接加工して作り上げたワンオフアイテム。ノーマルと見比べると雰囲気から何からが別物に。
2011年式 スポーツスター XL1200Lのカスタム画像

汎用マフラーをアレンジ装着

「2in1で」という要望を受けてのチョイス。レーシーかつクラシカルなスタイルにぴったりのマフラー。
取材協力
住所/神奈川県川崎市高津区久地2-4-28
電話/044-822-8069
営業/9:00~20:00
定休/水曜

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

ピックアップ情報