VIRGIN HARLEY | 2005年式 XL1200C カスタム紹介

2005年式 XL1200C

  • 掲載日/2015年10月19日【カスタム紹介】
  • 写真・文/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2005年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

欧米ブランドをミックスさせた
なにわのユーロスタイル

アメリカの人気ブランド『ウエストコーストチョッパーズ』をこよなく愛する「とりあえず大阪チョッパーズ」代表の角川将士氏に持ち込まれた一台のXL1200C。オーナーの要望は、ユーロスタイルへのフルカスタムだった。

「ユーロカスタムはこれまでも手がけたことがありますが、せっかくやるならオリジナリティを与えたいと思いました。そこで、ヨーロッパとアメリカそれぞれのパーツをバランスよく組み合わせようと考えたんです」

もっとも難航したのがパーツチョイスだったと語るとおり、ヨーロッパとアメリカ、それぞれ質感の高いパーツを取り揃えるもテイストはまるで違う。いずれも個性的なパーツばかりなので、でたらめにブレンドすると完成度が著しく低下する。カタログを読みあさってイメージを描き、完成図が固まったところでパーツをかき集め、組み上げられたのがこの一台だ。

クローム仕様のエンジンをベースに、ブラック×レッドのツートンで彩られたXL1200C。真っ赤なフューエルタンクのキャラクターが際立っているが、RSD製チョッパーハンドルやPM製ビレットホイール、ウエストコーストチョッパーズのエアクリーナーなどが適度な存在感を放ち、一辺倒なユーロスタイルとは違うオーラを放つまでに。欧米テイストがうまく混ざり合った好バランスのユーロ風スポーツスターがここに完成した。

2005年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2005年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

ローランドサンズ キングエイプハンガー

パンチアウトされた独特のデザインが目をひくエイプバー。ユーロパーツと組み合わせても個性を放つ。
2005年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

ワンオフ フューエルタンク

ユーロスタイルに見られる流麗なラインを意識して製作されたタンク。無駄のないシルエットが見どころだ。
2005年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

ワンオフ ソロシート

タンクとリアフェンダーのラインを崩さないよう、シルエット重視で手がけられたタック&ロールシートだ。
2005年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

ノーマルフェンダー カッティング加工

リアエンドはシンプルにショート化。短くしすぎるとアメリカンチョッパーになるギリギリの加工である。
2005年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

パフォーマンスマシーン Gasserホイール

独特のデザインとカッティング加工が目をひく21インチホイール。タイヤにはエイボン・ヴェノムを。
2005年式 スポーツスター XL1200Cのカスタム画像

Santee ホールショットパイプ

あらゆるスタイルにマッチするストレートマフラー。この一台にふさわしく、サウンドはなかなか凶暴。
取材協力
住所/大阪府摂津市一津屋3-22-11
Tel/06-6195-9314
Fax/06-6195-7041
営業時間/10:00~20:00
定休日/火曜

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

ピックアップ情報