VIRGIN HARLEY | 2015年式 XL1200X カスタム紹介

2015年式 XL1200X

  • 掲載日/2015年11月12日【カスタム紹介】
  • 写真・文/田中 宏亮
2015年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

ライディング向上も視野に入れた
フルカスタムフォーティーエイト

2015年3月の東京モーターサイクルショーのハーレーダビッドソンジャパン(以下HDJ)ブースにて展示されたカスタムフォーティーエイトがこれだ。元々の完成度が高く、中途半端にカスタムするとバランスを崩してしまうこのファクトリーカスタムモデルに対して、しっかりと新たな個性を植え付けた一台として仕上げられた。

真っ赤なブレーキキャリパーにXL1200T スーパーローとポジションを同じくするファーザーフォワードミッドコントロールキット、レールコレクションのエアクリーナーやヘッドカバーなどH-D純正P&Aが贅沢に盛り込まれている。さらに獰猛な牙をほうふつさせる7スポークホイール、サドルシート、ミニエイプハンガーなど主張の強いパーツをバランスよくミックスし、そのままディーラーで買えそうなスタイルにまとめられている。

そんなフルカスタム フォーティーエイトで見逃せないのが、ミッドコントロール化されたステップ位置と2016年より純正P&Aにラインナップされたプレミアムサスペンションだ。エイプハンガーを備えていながら、しっかりとステップを踏み込んで走る仕様にしているところにライディングへの配慮が感じられる。

そしてプレミアムサスペンションは、2016年モデルのフォーティーエイトだと280mmのところが、この一台には300mmが装着されている。「280mmと比べてもスタイルに大きな変化はなく、それでいてストロークの余裕が持たせられるので快適性がアップする」とのことで、これだけでフォーティーエイトのライディング能力はかなりアップしている。

見た目だけでなく、“ハーレーで走る”ことをイメージして組み上げられたフォーティーエイト。2016年モデルに負けず劣らずの乗り心地は、快適性を求める現フォーティーエイトオーナーの参考にしていただきたい一台と言える。

2015年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2015年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

ハーレー純正 ミニエイプハンガー

元々キャラクターの強いフォーティーエイトのイメージを変えようと、ハーレーカスタム鉄板のエイプハンガーを採用した。
2015年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

ハーレー純正 デジタルスピードメーター&アナログタコメーター

設定を変えることによって好みのカラーリングが選べるデジタルメーター。組み合わせは600通りにもおよぶという。
2015年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

ハウティペイント マーブルグラフィック

ひとつとして同じ模様がないマーブルデザインを取り入れたグラフィック。このマシンを手がけたのはハーレーダビッドソン昭和の森だ。
2015年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

ハーレー純正 キットホイール ブラックアイス

野生動物の獰猛な牙を思わせるデザインの7スポークホイール。間近で見た質感は申し分ないもの。ホワイトリボンタイヤとの相性も抜群だ。
2015年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

ハーレー純正 レールコレクション パーツ

ブラックとポリッシュのツートンカラーが織り成すビレット感が魅力のパーツ群。ヘッドカバー、ラウンドエアクリーナーともに最新作だ。
2015年式 スポーツスター XL1200Xのカスタム画像

ハーレー純正 プレミアムサスペンション(300mm)

左が300mmのフォーティーエイト、右が280mmのXL883N アイアン。2cm長いサスペンションを採用し、リアのシルエットはそのままに、乗り味を向上させられたという。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

ピックアップ情報