VIRGIN HARLEY | 1986年式 FXWG カスタム紹介

1986年式 FXWG

  • 掲載日/2015年11月16日【カスタム紹介】
1986年式 FXWGのカスタム画像

生まれ年のEVOをベースに
徹底的にチョップ

アメリカンひと筋でバイクを乗り継いできたRAT CHOPPERさんの車歴が凄い。ジャズ50にはじまり、スティード400、FXSTC、FLHショベル、XLH883などなど、徹底的にアメリカンひと筋。そんなRAT CHOPPERさんが辿り着いたのは生まれ年の1986年式のFXWGだった。

カスタムのコンセプトは「ラットスタイルなチョッパー」。無駄だと思う物、必要がないと思う物は全て除いたという。ペイントも必要がないという判断で施されていない。一緒に走った汚れ、錆、傷がこのマシンのペイントだと考えられている。

ワイドグライドの特徴であるフロントフォークやフォワードコントロールは残し、徹底的にチョップ。エクステリアはピーナッツタンク&ショートファットボブフェンダーをチョイス。また4速フレームを強調したいと考え、バッテリーとオイルタンク周りはあえて純正のまま手が加えられていない。メインフレームの存在感を生かすためロートンネルマウントでタンクを装着。一見するとラットバイクであるが整備はしっかり行われているという。

RAT CHOPPERさんのモットーは「人様に迷惑を掛けずに楽しむ」、「気持ちは熱く、走りはクールに」、「見た目は終わっていても、人に優しい運転を」とのこと。マナーを守って日々走っておられるご様子だ。

1986年式 FXWGのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1986年式 FXWGのカスタム画像

ロボットハンドルで攻撃的なスタイルに

こだわりのMIKADO製ミラーに攻撃的なロボットハンドルが装着されている。操作性も抜群とのこと。
1986年式 FXWGのカスタム画像

過激な鉄板シート

リアショックは取払いリジッドバーと鉄板のシートをチョイス。意外なほどフィット感は上々なのだとか。
1986年式 FXWGのカスタム画像

1340ccの初期EVOモーター

パンチ力のある初期EVOモーターにケイヒンのバタフライキャブが取り付けられている。
1986年式 FXWGのカスタム画像

オープン化されたプライマリー

ハードなチェーンのままオープン化されたプライマリー。シフトはノンロッカー&ジョッキーのセッティング。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
RAT CHOPPERさん
千葉県 / 会社員

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報