VIRGIN HARLEY | 1989年式 XLH883 カスタム紹介

1989年式 XLH883

  • 掲載日/2015年11月30日【カスタム紹介】
  • 写真・文/田中 宏亮
1989年式 スポーツスター XLH883のカスタム画像

本来の良さを最大限に引き出した
ブラック・レインにふさわしい一台

ここVIRGIN HARLEY.comを永らく愛読されている方ならご存知だろう、サイトが立ち上がってまもない頃に「CVキャブレター講座」を連載していたメンテナンス番長ことジャイアン氏のことを。彼の愛機である4速スポーツ XLH883(1989)は映画『ブラック・レイン』に登場するXLCR風スポーツスターをインスパイアした仕様にカスタムされている。

『ブラック・レイン』に登場するスポーツスターはXLCRを模しているものの、実はかなり異なるバイクでもある。「XLCRのいいところは取り入れているけど、オートバイとしてバランスがいい『ブラック・レイン』のスタイルを踏襲したかった」(ジャイアン氏)と、XLCRだとリアホイールが18インチなのだが、あえて16インチとするなど明確なイメージをもってプロデュースされているのだ。

カスタムするうえで重視するのは、ポジション。ジャイアン氏は独自の理論を説く。

「自分が思い描く“理想のスポーツスター”というのは、手足のように動かせること。そこで重要なのは、上半身の自由度と荷重のしやすさの2点ですね。ケツ下がりで乗ると操作しづらくなるので、少し前屈気味のポジションになるよう調整したんです」

ノーマルシートよりも10センチほど高い座面にしつつも、実際に乗ってみるとニュートラルなライディングフォームになるよう組まれている。スポーツスター本来の味付けはそのままに、オーナーの好みが存分に注入されたカスタムスポーツの好例とも言える一台なのだ。

「何もしてくれないバイクだから、しっかり操作してやればダイレクトに応えてくれる。それがスポーツスターの面白さ」というジャイアン氏。“日本のエッセンスが取り入れられたことで味わい深さを増した”という点で言えば、松田優作や高倉健が躍動した『ブラック・レイン』に通ずるところを感じずにはいられない。

【関連記事】

メンテナンス番長 ジャイアンのCVキャブレター講座

1989年式 スポーツスター XLH883のカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1989年式 スポーツスター XLH883のカスタム画像

ダークホース ブラック・レイン カウル

劇中に登場するマシンのマスクをそっくり再現したアルミ製カウル。九州・宮崎のショップ『ダークホース』で量産可能に。
1989年式 スポーツスター XLH883のカスタム画像

ハーレー純正 ドラッグバー

XLCRのスタイルを踏襲したコックピット。4インチのライザーを短くしてポジションを前屈気味になるよう調整している。
1989年式 スポーツスター XLH883のカスタム画像

ダークホース XLCRタンク

XLCRのシルエットを完全に再現した逸品。エボスポーツだからこそ生み出せたフラットなラインが最大の見どころだ。
1989年式 スポーツスター XLH883のカスタム画像

ダークホース ダブルシート

ハンドルに合わせ、理想のポジションとなるよう座面を高くしたオリジナルシート。タンデムするのにも十分なパッセンジャースペースを備える。
1989年式 スポーツスター XLH883のカスタム画像

ダークホース XLCRリアフェンダー

XLCRから型おこしをしたオリジナル度の高いフェンダー。内部にはタンデムできるよう補強用のフレームが組まれる。テールランプはノーマルを逆さまに装着したもの。
1989年式 スポーツスター XLH883のカスタム画像

モーターステージ V-SPEED

ブラック・レイン レプリカを目指すうえで欠かせない二本出しのセパレートマフラー。本家よりも戦闘的なシルエットが印象的なディテールだ。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
ジャイアンさん
東京都 / 会社員
取材協力
住所/宮崎県児湯郡都農町川北18933-2
Tel/0983-25-3241

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

注目のアイテムはコチラ