VIRGIN HARLEY | 2009年式 FLSTSB カスタム紹介

2009年式 FLSTSB

  • 掲載日/2016年01月14日【カスタム紹介】
  • 写真・文/田中 宏亮
2009年式 ソフテイル FLSTSBのカスタム画像

往年の名車がツインカムで復活!
ハーレーカスタムの可能性広がる

予備知識なく見ると、パンヘッドかナックルヘッドのエンジンを搭載したビンテージモデルに見えるカスタムハーレーだ。現行のツインカムエンジンを搭載する“最後のスプリンガーハーレー”クロスボーンズをベースに、1940年代のELスタイルを見事に再現した。オーナーはヨンパチと呼ばれるパンヘッドエンジンの1948 FLを所有している御仁で、「故障しないツインカムでこのテイストにしてほしい」という要望から生まれたプランなのだそう。

クロムハーツのスタッズが印象的なサドルシートやサドルバッグはオーナーの持ち込み品で、FLSTSヘリテイジスプリンガーのフロントフェンダーやアーリーショベルのレプリカマフラーを加工装着。オーナーの要望を寸分たがわず汲み取ったルードロッドのビルダー榊 和道氏のプロデュース力が冴え渡る完成度だ。

さらに、本来200ミリというリアタイヤをよりクラシカルに見せるべく、社外製スポークホイールで130ミリ化してリアエンドの印象も一変させた。現代の流行りではなく、1940年代スタイルというコンセプトに則った作り込みはさすがというほかない。

「ハーレーそのものの雰囲気、そしてハーレーに乗ることも合わせて楽しんでもらえる一台にしたかったんです。なかなか手こずりましたが、イメージどおりのスタイルに仕上げられたと思います」

と、会心の笑みを浮かべる榊氏。現行ツインカムであっても、想像力次第で往年の名車のフォルムを再現できるというハーレーの魅力を見せつけてくれたカスタムモデルだ。

2009年式 ソフテイル FLSTSBのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2009年式 ソフテイル FLSTSBのカスタム画像

サンダンス スプリンガーハンドルバー

ビルダー榊さんチョイスというライザー一体型ハンドルバー。スプリンガーと織り成すコックピットの雰囲気をノスタルジックに演出するキーパーツだ。
2009年式 ソフテイル FLSTSBのカスタム画像

ビンテージハーレーのサドルシート

年季の入ったサドルシートをクロムハーツのスタッズでデコラティブ。配線が見え隠れするシート下部分はワンオフのカバーをマウント。
2009年式 ソフテイル FLSTSBのカスタム画像

FLSTSヘリテイジスプリンガー用フロントフェンダー

若干の加工を要するも、クロスボーンズの足まわりにしっかりフィットする。現行ツインカムモデルにはない風合いがこのカスタムモデルの雰囲気を高める。
2009年式 ソフテイル FLSTSBのカスタム画像

アーリーショベル 純正レプリカマフラー

加工したウルトラ用のエキパイと組み合わされたエキゾースト。そのままだとやや長すぎることから、エンド部分をカッティングして調整してあるという。
2009年式 ソフテイル FLSTSBのカスタム画像

オーナー持ち込みのサドルバッグ

ハーレーダビッドソンのエンブレムが誇らしげに刻まれたビンテージ感満載のサドルバッグ。ナックルのレプリカ風防の内側にも同じテイストのレザーバッグが見える。
2009年式 ソフテイル FLSTSBのカスタム画像

リアホイール交換&タイヤ130ミリ化

Vツイン製ビンテージハーレー用リアフェンダーとベストな組み合わせとなる130ミリタイヤ&ホイール。ワイドタイヤ化が進む現代とは真逆のスタイルと雰囲気が魅力だ。
取材協力
住所/兵庫県神戸市西区玉津町西河原160-4
TEL&FAX/078-913-6383
営業/12:00~20:00
定休日/火曜、第3月曜

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報