VIRGIN HARLEY | 2012年式 FLD カスタム紹介

2012年式 FLD

  • 掲載日/2016年04月18日【カスタム紹介】
  • 写真・文/田中 宏亮
2012年式 ダイナ FLDのカスタム画像

ツアラー仕様のスイッチバックが
西海岸チョッパーモデルに変身!

どちらかというと、アメリカのカスタムシーン最前線を突き進む「カリフォルニアスタイル」をテーマとしたカスタムモデルで、その煌びやかなボディはアメリカ西海岸で育まれた世界観そのもの。シティ川越の秀島憲一さんは、「FLHの再現(リバイバル)をコンセプトに、スイッチバック本来の味わいを残した一台にしたかったんです」と、新旧のコラボレーションをはかり、絶妙のバランス感覚で具現化してみせた。

FLらしいフロントに、あえて21インチスポークホイールを採用し、さらにリアも18インチ化&180ミリ化と、印象を一変させた。ここまで大胆なカスタムを取り入れるあたりに、アメリカでメカニック修行をし、アメリカをより深く見ている秀島さんのセンスが伺えようというもの。ホワイトリボンタイヤも心憎い演出として生きている。

フレーク入りの赤いボディに、白く縁取られた黒いフレイムスというカラーバランスも興味深いところだ。これは、スポークホイール同様にボディ全体がメッキ化されているのを受けてコントラストを整えたもの。ブラックをグラフィックの軸に取り入れることで、その他のきらめきを引き立てているのだ。

ツーリングと街乗り、それぞれのシチュエーションに合わせて切り替えられる利便性の高さが特徴であるスイッチバック。ゆえにそのキャラクターに縛られるのか、カスタムというカテゴリーにおいてはどうしても壁を破れないでいる印象のモデルだった。そんなスイッチバックが、こうも大胆に変貌を遂げるとは。スイッチバックのオーナーにとって興味深いマシンだと言えるのではないだろうか。

2012年式 ダイナ FLDのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2012年式 ダイナ FLDのカスタム画像

ドラッグスペシャリティーズ スカイハイバー

このマシンのインパクトを強めるロングエイプバー。カリフォルニアスタイルのキモとも言える部位で、そのスタイルはチョッパーライクに突き抜けている。
2012年式 ダイナ FLDのカスタム画像

BUSH Art オリジナルグラフィック

「そのセンスに全幅の信頼を寄せています」と秀島さんがいう埼玉・桶川のカスタムペインターによる作品。巧みなエアブラシで立体感をも生み出している。
2012年式 ダイナ FLDのカスタム画像

大章内張 シート張り替え

ノーマルシートをベースに、全面的に張り替えたワンオフもの。以前とは見違えるほど流麗なライン、そして高級感を味わわせる仕上げが魅力的だ。
2012年式 ダイナ FLDのカスタム画像

Ride Wright Wheels OMEGA FAT50シリーズ

50本スポークという密度が、カリフォルニアというテーマ性にぴったりマッチ。FLモデルにFXサイズのホイールという組み合わせがユニークだ。
2012年式 ダイナ FLDのカスタム画像

H-D純正 SKULL & CHAIN ラウンドエアクリーナー

ハーレー界のアイコン、ウィリーGが描いたスカルとチェーンがデザインされた小ぶりなエアクリーナー。メッキ仕様のエンジンの輝きを際立たせる。
2012年式 ダイナ FLDのカスタム画像

ドラッグスペシャリティーズ 11インチリアサスペンション

既製品にヘッドカバーを装着し、違ったイメージを演出。フルカバードのようなビジュアルが、マシンそのものを一層煌びやかに見せる。
取材協力
住所/埼玉県川越市南台2-3-19
電話/049-249-2280
ファックス/049-249-2282
営業/10:00~19:00
定休日/水曜

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

ピックアップ情報