VIRGIN HARLEY |  カスタムショーで見事アワードに輝いた珠玉のビンテージチョッパーが登場!(1937年式 U)カスタム紹介

カスタムショーで見事アワードに輝いた珠玉のビンテージチョッパーが登場!(1937年式 U)

  • 掲載日/ 2018年08月31日【カスタム紹介】
  • 写真・文/田中宏亮
1937年式 旧車 Uのカスタム画像

ビルダーの想いが詰め込まれた
70’sチョッパーサイドバルブ

2016年のカスタムショー「JOINTS」でベストサイドバルブ賞に輝き、翌2017年に同ショーのポスター中央を飾った、ジョイライド珠玉のカスタムチョッパーがこちら。ベース車両は1940年代までラインナップを支えたサイドバルブエンジン搭載の1937年式Uだ。

「自分が好きな1970年代のパーツを片っ端から取り入れてやろう、それも極力シンプルに取り付けよう。そんな想いからカスタムのイメージを膨らませていきました」

そう語るのは、ジョイライド代表の西田 裕氏。骨格にレプリカフレームをチョイスし、同ショップオリジナルのガーターフォークにハンドルバー、Hリムのスポークホイール(F21 / R18)、三段シートにシッシーバーと、ジョイライドのカスタムプランに見られるメニューがずらりと並ぶ。

西田氏が手がけるカスタムマシンに必ず含まれているのが「利便性」だ。点火にはハーレー純正のフェアバンクス製マグネトーをチョイス。またシッシーバーとオリジナルシートが加えられるのも「ツーリング時に荷物を括り付けられるように」という観点から。リア18インチホイールも、スピードショップを銘打つジョイライドゆえのこだわりだ。

より強力な70’sワールドを印象づけるのが、カスタムペイントショップ ライズによる独創的なスペースグラフィックだ。まさに1970年代のアメリカにそのまま存在しているかのようなチョッパーハーレー、目の当たりにした完成度は群を抜いている。

1937年式 旧車 Uのカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1937年式 旧車 Uのカスタム画像

ジョイライドオリジナル ガーターフォーク

あえてネックはそのままに取り付けられた西田氏こだわりのパーツ。シンプルにまとめているからこそ、このシルエットが見せつける世界観は明確だ。
1937年式 旧車 Uのカスタム画像

カスタムペイントショップ ライズによるグラフィック

「好きなカラーである紫と、ある程度の要素を箇条書きで伝えただけで、デザインそのものは小林くんに任せました」というオリジナリティの高いスペースワールド。モトガジェット クロノクラシックの埋め込みはジョイライドの十八番。
1937年式 旧車 Uのカスタム画像

ジョイライドオリジナル シート&シッシーバー

「バイクに乗るとき、ライダーに荷物を背負わせたくないんです。カッコよく荷物を括り付けられるように」と、ジョイライドのチョッパーカスタムにはこの組み合わせが必ずと言っていいほど加えられる。
1937年式 旧車 Uのカスタム画像

ハーレー純正フェアバンクス製マグネトー

点火はフェアバンクス製マグネトーに換装。エンジンを活かしつつ、その性能に合ったマシンを組み立てるセンスこそジョイライド西田氏の真骨頂だ。
1937年式 旧車 Uのカスタム画像

SUキャブ&FORK製エアクリーナーカバー

定番のSUキャブと、ビンテージカスタムではお馴染みのFORK製エアクリーナーカバーが取り付けられている。こちらも西田氏が「シンプルに取り入れたかった」という逸品。
1937年式 旧車 Uのカスタム画像

ジョイライドオリジナル ドラッグパイプ

リアエンドに突き刺さるよう伸びるスラッシュカットのエキゾーストももちろんオリジナル。マシンのコンセプトとシルエットにマッチするようデザインされた、シンプルながら車体そのものを引き立てる重要なパーツだ。
取材協力
住所/東京都小平市花小金井3-27-30
電話/042-420-9585
営業/12:00~19:00
定休/月曜(木曜のみ要予約)

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。