VIRGIN HARLEY |  青いデニム柄で彩られたロー&ロングのフォーティーエイト(2018年式 XL1200X)カスタム紹介

青いデニム柄で彩られたロー&ロングのフォーティーエイト(2018年式 XL1200X)

青いデニム柄で彩られたロー&ロングのフォーティーエイト(2018年式 XL1200X)

青いデニム柄で彩られた
ロー&ロング フォーティーエイト

ボバースタイルというアイデンティティを持つフォーティーエイトに、チョッパーやスクランブラー、カフェレーサーの“良いとこ取り”をしつつビンテージデニムのテイストでまとめた新感覚の一台がこれだ。

「AMERICAN DENIM」と名付けられたマシンは、昨年(2018年)の全世界カスタムコンテスト「バトル・オブ・ザ・キングス」で2位入賞を果たした渾身の作品。その名の通りデニム風デザインでグラフィックを統一し、エキゾーストラップを巻いてフルブラックに彩ったエキゾーストを含め、その他エンジンやホイールを黒にまとめることで、ボディカラーと絶妙なコントラストを描く。

専用トリプルツリーと組み合わせ、ストレッチされたフォークにより、従来のフォーティーエイト以上のロー&ロングスタイルを手に入れた。さらにタイヤはAVON セーフティーマイレージ マーク2でクラシカルなオフロードテイストを演出、足元のパンチ力を高めてキャラクターを強めている。そこにH-D純正のカフェシートを合わせながら、バランスよく組み上げているのはお見事というほかない。

個性的なスタイルから「ここからどうカスタムするか」で悩む人が多いフォーティーエイトに、新たな解答が示されたのかもしれない。

青いデニム柄で彩られたロー&ロングのフォーティーエイト(2018年式 XL1200X)

カスタムの詳細をチェック!

青いデニム柄で彩られたロー&ロングのフォーティーエイト(2018年式 XL1200X)
よりレイクする専用トリプルツリーとストレッチされたフォークを組み合わせ、さらにフェンダーレスとしてチョッパーライクなフォルムを手に入れた。メーターもサイドマウント化するなど、あらゆる無駄を取り除いているのが特徴的だ。
青いデニム柄で彩られたロー&ロングのフォーティーエイト(2018年式 XL1200X)
「AMERICAN DENIM」の名の通り、タンクとフェンダーはビンテージデニム風に彩られた。ペイントを手がけたのは愛知県のCOBOO。デニムらしくバー&シールドが象られた赤タグが心憎い。
青いデニム柄で彩られたロー&ロングのフォーティーエイト(2018年式 XL1200X)
カフェレーサースタイルをイメージしたH-D純正のガンファイター型シート。ハーレーらしいステッチ仕様としつつ、ライディングポジションをホールドする構造になっているのがカフェらしさか。フォワードコントロールとの組み合わせも申し分なし。
青いデニム柄で彩られたロー&ロングのフォーティーエイト(2018年式 XL1200X)
ガンファイターシートと一体型になっているリアフェンダーもご覧のシルエットに。車体構造変更に影響しない範囲でのストラットのカットとナンバープレートのサイドマウント化で無駄のないフォルムに仕上げた。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

ピックアップ情報