VIRGIN HARLEY | ウノパーウノ カスタムショップ紹介

ウノパーウノ

  • 掲載日/2010年10月22日【カスタムショップ紹介】

UNO PER UNOの画像

快適なバイクライフを実現するための
スペシャリストの話が聞けるショップ

オーリンズ――。モーターサイクルに少なからず触れた方なら、このブランド名を聞き逃すはずがあるまい。業界内でもハイグレードなフロントフォークやリアショックを安定供給するスウェーデンの自動車・二輪車用ショックアブソーバーメーカーだ。この製品を日本に供給しているのが日本輸入代理店カロッツェリア・ジャパンで、今回紹介するウノパーウノは、そのカロッツェリア・ジャパンの直営店。

「やはりバイクは快適に乗ることができてこそ。ハーレーであっても、調整の仕方ひとつで以前とは比べものにならない乗り味に変えることができるのです」

そう語るのは、現在ウノパーウノの顔として豊富な経験を生かしながらバイクや自動車のショックを手掛けている店長の我妻 修さんだ。ハーレーに乗っていて、道路上の段差などで突き上げ感を感じた方は少なくないはず。しかしながらその構造やハーレー特有の鼓動感から「ハーレーはこんなもの」と結論付けている人が多い。ところが来店者のほとんどが我妻さんの話に耳を傾けているうちに考え方を変え、快適に愛車に乗る方法を模索するようになる。

“不快感を感じない”という、高い性能を誇るショックアブソーバーだから可能なバイクライフを求めている方は、ぜひ一度我妻さんの話を聞いてみてほしい。

UNO PER UNOの画像
ショップ2階のショールームは、ご覧のとおりオーリンズの代名詞的カラーであるブルー×イエローで彩られた製品がそこかしこに並ぶ。自分の車両に合うリアショックもここで探せる。
UNO PER UNOの画像
1階は整備スペース。四輪用と二輪用のオイル交換スペースがそれぞれ設けられており、広さもなかなかのもの。さらに整備士がショックのオーバーホールを行う作業室も。
UNO PER UNOの画像
左から整備士の伊藤智基さん、店長の我妻修さん、整備士の大野雅史さん。四輪・二輪ともに手掛けられる高いスキルが同ショップ最大の強み。表情からも明るい人柄がうかがえるだろう。

UNO PER UNO 製作 カスタムハーレー

UNO PER UNOの画像

2001年式 FXDL

UNO PER UNOの画像

2008年式 XL1200R

ショップからのメッセージ

不快な衝撃があるにもかかわらず、「ハーレーはこんなものだから」と決めてしまっている方が少なからずいらっしゃいますが、バイクのショックアブソーバーの性能はそんなものではありません。考え方をちょっと変えるだけで、愛車の乗り味はグっとより良くなります。より楽しいツーリングライフを送りたいと思っていらっしゃる方、ご興味がありましたら気軽にお問い合わせください。

(ウノパーウノ 尾山台店 店長 我妻 修)

住所/東京都世田谷区尾山台3-9-3
TEL/03-3701-9111
営業/10:00~19:30
定休/水曜
得意モデル/現行のスポーツスター、ダイナ、ツーリング、VRSCモデル、ビューエル

お問合せ(電話番号/03-3701-9111)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報