VIRGIN HARLEY | トライジャ カスタムショップ紹介

トライジャ

  • 掲載日/2010年11月12日【カスタムショップ紹介】

TRIJYAの画像

人と人とのつながりを大切にする
先入観に捉われない幅広いカスタムも

グレードの高いトライジャのカスタムハーレーには、多くのオーナーが惹かれている。ひとえに代表の岡本佳之さんの卓越したデザイン力の賜物なのだが、それだけで数百人単位のミーティングイベントを単独で開催することなどできない。このショップが大勢の人に支持される理由、それはどこよりも“人と人とのつながり”を大事にしていることだ。

「僕にとって一番大事なのは、ウチに足を運んでくれる人たちすべて。バイクはあくまでオーナーが所有しているもので、僕は人と人とのお付き合いに愛情を注ぎたいんです」

2010年に開催されたショップ主催のミーティングイベント「Meat de Meet 10th」には100名以上の参加者が集ったのだが、イベント終了後、岡本さんは参加者ひとりひとりに電話をかけて無事帰路についたか確認をしたと言う。“言うは易く、行なうは難し”、しかし岡本さんは「全員が無事家に着いて欲しいですから」という想いから、これだけのことをやってのけている。

カスタムについても、明確にカテゴリーを絞っていないのも「お客さんの要望あってこそ」という当然の考えから。

「ウチは特定のスタイルに固執しません。なぜならば依頼してくれるオーナーの要望をいかに具現化するかが仕事だから。そういう意味で言えば、僕らは“専門的なファミレス”という表現になりますね。オーダーメイドのファミレスが一番近いイメージかもしれません」

主役はもちろんオーナー。岡本さんはそこにトライジャのスタッフ、さらにトライジャを取り巻く仲間が輪になることで、全員が幸せになれるようなハーレーライフを築いていくことを望んでいる。そしてその輪を形成するすべての人たちを総称して“TEAM-TRIJYA”と呼んでいる。ハーレーを楽しむ奥深さや仲間との輪を楽しみたいと思っている人は、トライジャに足を運んでみることをおすすめする。

TRIJYAの画像
ショールームはまるで正規ディーラー店のよう。ショップのブランド『刻美』パーツが目に留まる内装。何より雰囲気が堅苦しくなく、来店したお客さんがくつろいでいるのが印象的だ。
TRIJYAの画像
整備スペースにはツーリングモデルからスポーツスター、VRSCとさまざまなモデルがひしめいている。車両の保管状況も徹底されており、岡本さんの言葉の裏づけが確かに存在する。
TRIJYAの画像
代表の岡本佳之さん(前列中央)を中心とするトライジャのスタッフ一同。彼らの全面的なバックアップがオーナーと共に“TEAM-TRIJYA”を形成し、バイクライフにさらなる広がりを生み出すのだ。

TRIJYA 製作 カスタムハーレー

TRIJYAの画像

ガウディくん

TRIJYAの画像

Volcanoくん

ショップからのメッセージ

“いろんな味を取り揃えた専門的なファミレス”、そんな想いでお客様のオーダーを具現化することに日々努力しております。11年間カスタムの最前線を見てきた技術とノウハウには自信がございます。どんな些細な疑問でもお気軽にご相談いただければ幸いです。ご遠方のお客様&業者様にはメールやお電話にてご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

お会いできる事を心より楽しみにしております。ありがとうございます!

(TRIJYA 代表 岡本 佳之)

住所/大阪府柏原市本郷5-4-18
TEL/072-970-3110
FAX/072-972-6114
営業/10:00~18:00
定休/第1火曜、水曜
得意モデル/高年式モデル全般
カスタムカスタム車両ページへ

関連する記事