VIRGIN HARLEY | ボールドアイデアカスタムサイクルズ カスタムショップ紹介

ボールドアイデアカスタムサイクルズ

  • 掲載日/2010年11月19日【カスタムショップ紹介】

BOLD IDEA Custom Cyclesの画像

ヴィンテージをベースとしたアイディア力
業界の未来を担う若手ビルダーの店

元々は兵庫・伊丹に居を構える モーターガレージグッズ の大阪店としてオープンした同ショップ、店長を任されていたビルダーの留奥和也氏が2008年「BOLD IDEA Custom Cycles」として独立、今日に至る。それまでYAMAHA SR400など国産系バイクのカスタムをメインに取り扱っていたが、「以前から興味はあった」というハーレー・スポーツスターに着手するように。

「始めた当初はエンジン構造の違いから戸惑うことも少なくなかったんですが、なるべく年式に関係なく触り続けて経験を積んだことで、もうそうした戸惑いはまったくないですね。今では高年式モデルなら、外装カスタムや車検など一般的な整備を問題なく行えるまでになっています」

そう語る留奥氏のショップとしてのスタイルを聞くと、「アイディア勝負!」と答える。それは軸が決まっていないというわけではなく、それまで手がけてきた国産ストリートバイクのカスタムスタイルでもあったヴィンテージテイストをベースとし、お客さんの要望を取り入れたスタイルを構築していきたいんです」と言う。それも「流行りのベクトルをそのまま踏襲するのではなく、違った方向で自分の色が出していけるようにしたい」と語気を強める。その挑戦心の表れが、関西のカスタムショー NEW ORDER CHOPPER SHOW に2009年、2010年と連続で出展しているところと言える。

「これからオリジナルパーツも増やしていきたいと思っていますし、高年式モデルも触れるようになりたい。自分の幅を広げて、来てくれるお客さんのバイクライフを楽しんでもらいたいです」

飄々とした風貌とは裏腹に、熱いハートを持つ若手ビルダーのショップ。彼から湧き出てくるアイディアを覗いてみれば、きっとあなたのカスタムプランにもさらなる面白さがもたらされることだろう。

BOLD IDEA Custom Cyclesの画像
チェッカー柄の壁にはカスタムパーツが陳列し、さらにその前に旧トライアンフがたたずむ。ご覧のとおり、留奥さんの好みであるヴィンテージテイスト溢れる雰囲気にまとまっいる。
BOLD IDEA Custom Cyclesの画像
ぱっと目に飛び込む“BELL”のフラッグも整備スペースを演出している。いかにも“昔ながらのバイク屋さん”という感じで、基本的には留奥さんがひとりで作業を行っているそう。
BOLD IDEA Custom Cyclesの画像
週末や夜になると常連客がやってき、カウンター越しにバイク談義に華を咲かせる。「普段からマイペースでやっていますんで(笑)」と、夜遅くまで話し込むこともしばしば。

BOLD IDEA Custom Cycles 製作 カスタムハーレー

BOLD IDEA Custom Cyclesの画像

1988年式 XLH883(カスタム紹介へ)

BOLD IDEA Custom Cyclesの画像

1975年式 FXS

BOLD IDEA Custom Cyclesの画像

1988年式 XL883

ショップからのメッセージ

オープンしてからまだ2年という若い店ではありますが、お越しくださるライダーとともにバイクを楽しみたい気持ちを大切に、車両の整備やカスタム、そのほか車両販売などもさせていただいています。特に車種は限定しておらず、ハーレーや国産系バイクなどいろいろ手がけていますので、気軽に遊びに来てください。思いっきり自分の要望をぶつける感じでお越しくださって結構です。とにかく見捨てないでください(笑)。

(BOLD IDEA Custom Cycles 代表 留奥 和也)

住所/大阪府池田市空港1-1-15-1F
TEL/06-6850-0503
FAX/06-6850-0503
営業/12:00~22:00
定休/不定休
得意モデル/エヴォ以降のスポーツスター、ダイナ、ソフテイル、ツーリング
カスタムカスタム車両ページへ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報