VIRGIN HARLEY |  TT & COMPANYカスタムショップ紹介

TT & COMPANY

  • 掲載日/ 2010年12月17日【カスタムショップ紹介】

TT & COMPANYの画像

1970年代のチョッパーを目指し
イマジネーションを研磨し続ける

オリジナルのカスタムパーツはもちろん、ヘルメットなどライダーのファッションを演出するギアも精力的に開発している東京・江戸川のショップ TT & COMPANY。そうした展開から、パーツやギアの販売店というイメージをお持ちの方も少なくないかもしれないが、代表の高橋広之氏は「カスタム屋……というよりは、チョッパー屋でありたい。TT & COMPANY を語るとすれば、その言葉で十分だと思っています」と言う。

理想のスタイルは、アメリカでサブカルチャーとして一時代を築いた1970年代のチョッパー。オープンした1999年から2005年頃まで、TT & COMPANY はパンヘッドやナックルヘッド、ショベルなどの旧車を専門に取り扱っていた。しかしその翌年から「ある程度オールラウンドな店としてやっていこう」ということから、エヴォ以降の現行モデルまで幅広く手がけることに。ユーザー層の広さからスポーツスター色が強い印象があるが、「ハーレーであれば何でも触りますよ」(高橋氏)と語るとおり、全モデルのカスタムからメンテナンスまでサービス展開をしている。

「フルカスタムはもちろん、パーツやライダーズギアの開発にいたるまで、すべて1970年代の雰囲気を醸すことに主眼を置いています。現行モデルはそうしたチョッパーカスタムが難しい仕様になっているので苦心している点も多々ありますが、いかに自分たちの理想の姿に近づけられるか、オーナーからお預かりした車両を一層カッコよくカスタムできるよう、自分たちのイメージと提案力を磨いています」

プロの知識を得られれば、カスタムのイメージをどんどん膨らませることができる。現行モデルにチョッパーカスタムを施すのはなかなか骨が折れるが、TT & COMPANY がその手助けとなることは間違いない。

TT & COMPANYの画像
数多くのカスタムパーツやライダーズギアが店内を飾る。ブラック&クロームの中にキャンディカラーと、ショップが掲げる1970年代のサイケデリックな雰囲気が満ちている。
TT & COMPANYの画像
店舗とは別に、江戸川区内にある整備工場。預かっている車両が所狭しと並んでおり、ここで日夜フルカスタムの作業やメンテナンス、さらにはパーツやグッズの開発が行われる。
TT & COMPANYの画像
(前列左から)メカニック佐藤 拓さん、青木大介さん、(後列左から)店長の藤 知英さん、代表の高橋広之さん。4人が理想のイメージを共有し、TT & COMPANY を形成している。

TT & COMPANY 製作 カスタムハーレー

TT & COMPANYの画像

2010年式 XL883R

TT & COMPANYの画像

1977年式 XLCH

TT & COMPANYの画像

1997年式 XL883改

ショップからのメッセージ

1970年代のチョッパーカスタムは誰もが憧れるスタイルのひとつです。しかし現行モデルは配線の多さやフレーム形状が変わったことから、オーナー様がカスタムに苦労されているという話を耳にします。TT & COMPANY はそんな現行モデルでも理想的なスタイルに近づけられるよう、提案力やパーツ開発に日々力を注いでいます。ぜひ当ショップのカスタム車両をご覧いただき、気になる車両や聞いてみたいことがあれば気兼ねなくご質問ください。

(TT & COMPANY 代表 高橋 広之)

住所/東京都江戸川区一之江3-14-3 1F
電話&ファックス/03-3655-0080
営業/11:00~20:00
定休/水曜
得意モデル/現行モデルから旧車まで全般

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。