VIRGIN HARLEY | モーターガレージグッズ カスタムショップ紹介

モーターガレージグッズ

  • 掲載日/2013年04月03日【カスタムショップ紹介】

MOTOR GARAGE GOODSの画像

現行モデルの性能を最大限に引き出す
大阪の老舗カスタムショップが参戦

主に YAMAHA SR など国産系シングルバイクのカスタムを手掛けているモーターガレージグッズ。ライトカスタムからフルカスタム、その他オリジナルパーツの開発など、このジャンルにおいては名の知れたショップとして通っている。

そんなモーターガレージグッズがハーレーを取り扱うようになったのは、ここ数年のことだそう。モデルの幅は旧車からインジェクションを搭載した現行の高年式モデルまでと幅広い。「僕自身が、高年式のダイナが好きなんですよ。今は車両販売が主になっているんですが、店頭には割りと高年式モデルが並んでいるんですよね」と語るのは、代表の丸本 浩史氏。好みが高じて……というわけではないが、今年、インジェクションモデルの性能を引き出すサービスを展開すべく、ダイノジェット社製のシャーシダイナモを導入するなど、ハーレー市場へに対して積極的にアプローチをしていく予定だ。

その施策のひとつとして、2013年大阪モーターサイクルショーに出展を決定。持ち込んだのは、グッズらしいコンセプトからカフェレーサースタイルにカスタマイズした 2008年式 スポーツスター XL883。「あくまでコンセプトモデル。カフェレーサー カスタムは僕らの得意とするスタイルなので、これを軸にパーツ開発などを展開していきたい」(丸本氏)。実際、このカフェレーサー XL883 に組み込まれたビキニカウルやフェンダー一体型シートなど、すでに量産していくそうだ。ここにインジェクションチューニングというメニューが組み込まれるのだから、これ以上なく楽しく快適に走れるカフェ スポーツバイクが生み出されることだろう。関西圏の現行モデルオーナーには朗報とも言える参戦だ。

MOTOR GARAGE GOODSの画像
2013年3月に新装したショールームはまるでギャラリーのようで、ヴィンテージな雰囲気がグッド。展示されているモデルは2000年前後から高年式までといったところ。
MOTOR GARAGE GOODSの画像
整備工場では、ハーレーから国産モデルまで扱える幅広い技術を持ったメカニックが忙しく作業をこなす。ここ以外にも1キロほど離れた場所にファクトリー(工場)を持つ。
MOTOR GARAGE GOODSの画像
代表の丸本さん(左端)を含め、スタッフは総勢10名。チームワークの良さが印象的で、お客さんを招いてのショップイベントとしてフットサルを行うなど、和やかな雰囲気が魅力。
MOTOR GARAGE GOODSの画像
MOTOR GARAGE GOODSの画像
MOTOR GARAGE GOODSの画像
MOTOR GARAGE GOODSの画像
MOTOR GARAGE GOODSの画像
MOTOR GARAGE GOODSの画像

MOTOR GARAGE GOODS 製作 カスタムハーレー

MOTOR GARAGE GOODSの画像

2008年式 XL883(カスタム紹介へ)

MOTOR GARAGE GOODSの画像

2003年式 FXDL

MOTOR GARAGE GOODSの画像

1993年式 XLH1200(カスタム紹介へ)

ショップからのメッセージ

スタッフは全員がバイクが大好きで、そんな人間が集まってできたのがグッズというショップです。何より心掛けているのは、楽しいことと、バイクに乗っている特別感を味わえる雰囲気づくり。カスタムについては、今イメージされていることをそのまま僕らに言っちゃってください! 皆さんが求めるカッコいいハーレーライフを実現できるよう、お手伝いさせていただきます。

(MOTOR GARAGE GOODS ショップ担当 松岡 金吾氏)

住所/大阪府豊中市利倉1-2-20
TEL/06-6865-4001
営業/10:00~19:00
定休日/無休
得意モデル/スポーツスター~ツインカム全般(主に高年式モデルなど)

関連する記事

ピックアップ情報