VIRGIN HARLEY | ファッションチェック2007年8月編 ファッション講座

ファッションチェック2007年8月編

  • 掲載日/2007年08月21日【ファッション講座】

バイクファッションの画像

デビルアロー綿秡の
ストリートファッションチェック

さて、今回からはストリートでのファッションチェックを行ってみたいと思います。
ライダーのみなさんがどんなスタイルでバイクに乗っているのか、気になる人も多いでしょう? もちろん単に紹介するだけではなく、私がプロの目線からアドバイスもいたします。普段、街でライダーを見ていて「こうしたらもっとオシャレなのにな、もったいないな」なんて思うことがあります。このコーナーを読んで、みなさんのファッションスタイルの参考になればと思います。

Riders Style01

バイクファッションの画像

Jayさん(43)/会社員Harley-Davidson FXST

オヤジでも“無理っぽさ”を
感じさせない着こなし

綿秡アドバイス

ご自身の体型に合ったサイズ選びがお見事。シャツの着丈とベルトのゴツ系バックルの“チラ見せ”がいいですね。コテコテなハーレー・ファッションでなく、ストリートでも違和感がないようにコーディネイトされて、オヤジでも“無理っぽさ”を感じさせないですね。当ファッション講座で以前からオススメしている、乱れた髪をカバーできるCap使いも○

バイクファッションの画像
【左】インナーTシャツは、インパクトあるプリントTをコーディネイトすることでオシャレ度がUP。Tシャツのプリントのカラーも、アウターで羽織っているシャツのGreen系に合わせた着こなしがいいですね。 【中央】小振りのウエスト・バッグを上手く取り入れています。携帯やライターなど、直接パンツのポケットに入れるのはNGです。パンツのシルエットが崩れますからね…。 【右】パンツの丈に注目! ライダーの場合、デニムのレングスは少し長めで裾を弛ませるのが基本。バイクに跨ると長くはありません。短くしないように注意して下さいね。

Riders Style02

バイクファッションの画像

安井 飛鳥さん(22)/学生 KTM

完璧なサイジングが○
地味になったのが残念

綿秡アドバイス

学生でKTMですか~。私の学生時代では想像さえできません…羨ましい。さてファッションについて。体型にあったサイズが完璧。ポロシャツの丈は短めで、ベルトの“チラ見せ”も○ 敢えて言うなら全体の色調が地味になったのが残念です。ブラックのアウターにはインナーに、同系色の派手目なプリントTシャツや逆にヴィヴィットカラーを入れると、オシャレ度がUP。

バイクファッションの画像
【左】ジャケット風シャツですね。真夏のこの季節、ブルゾンやジャケットでは暑いですから、このような薄手のシャツ・ジャケットが重宝しますよね。細身のシルエットも○ 【中央】ファスナー付デザイン・デニム。このデニムのファスナー付きポケットは、あくまでもデザインです。物を入れてはダメ。パンツのシルエットが崩れてしまいますから。安井さんはそれをご存知のようで、スタイリッシュに履きこなしていますね。残念なのがベルト。“チラ見せ”までは良かったのですが、ハトメのデザインが、ちょっと安っぽい…。ベルトは長持ちしますので、革やバックルの質感が“良い物”を持つことをオススメしますよ。 【右】デニムの裾丈が短すぎず、バイク乗りとしてライディング・ポジションを意識した丈です。他のコーディネイトが完璧でも、裾丈が短いだけで一気にヤボったく見えます。そのくらい、重要なんですね。

Riders Style03

バイクファッションの画像

碓井 純さん(40)/会社員 Harley-Davidson FXDL

がんばっちゃってる感がなく
自然な感じも○

綿秡アドバイス

シンプルな着こなしですが、実はネックレス、リスト・ウォッチ、バングル、リングなど小物使いが上手い。うまく”ちょいワイルド系”が出てます。無理に“がんばっちゃってる”感がなく、自然な感じも○ 惜しいのは、Tシャツの着丈。長すぎ! これじゃウエスト部分が寂しいです。ヘアが、ヘルメットでペタンコなのも残念。短髪で無い限り、ビーニやキャップを!

バイクファッションの画像
【左】レザーのリスト・ウォッチに、レザーの革ブレスの重ね付けがニクイです。腕周りにインパクトありますから、リングを数多く付けず1つに抑えるところがいいですね。 【中央】こちらもインナーに無地ではなく、プリントTを取り入れたコーディネイトでオシャレ度UPしています。レザーのリスト・ウォッチと合わせた、レザーを編んだネックレスとの相性は抜群です。 【右】かなり擦れたバック・プリント。このくらいだと主張しすぎず、“ガキ”っぽさも感じさせません。中年オヤジにはGoodなセレクトですね。

Riders Style04

バイクファッションの画像

平野 高伸さん(36)/会社員 Harley-Davidson FLSTF

個性的なアイテムを使った
レイヤード・スタイル

綿秡アドバイス

シャツが大きすぎ。身幅が大きいと走行中にシャツが“バタつきます。着丈も長すぎです。ウエストがポイントのデニムが隠れてしまっています。着丈の短いトップスとのコーディネイトがオススメ。シャツに対してインナーTシャツのカラーが暗く、全身のカラーバランスが地味なのもマイナス。差し色で、ヴィヴィットカラーを合わせるとオシャレ度UP。

バイクファッションの画像
【左】バイク乗りのイメージをハズシで狙うなら、ベースボール・キャップに代えてキャスケットやハンチングをチョイスするのも面白いですね。シューズのカラーに合わせているのがオシャレ。 【中央】和柄使いのWウエストのデニム。秋冬のコーディネイトと違って夏は着こなしの幅が少ないため、このくらいインパクトあるデニムでも派手ではありません。 【右】フットボードのステップのため、チェンジペダルでシューズにキズが付かないためシューズ選択の幅が広がり、バイク用のブーツでない所が着こなしの“キモ”ですね。

Riders Style05

バイクファッションの画像

土佐林 寛さん(40)/大工 Triumph DAYTONA

アイテム チョイスは○
しかしサイジングが惜しい

綿秡アドバイス

1点1点のアイテムセレクトは良いのですが、小柄な方なのにサイズが大きすぎます。また、ローライズのボトムにも関わらず、ベルト位置がウエスト位置に。このあたりのサイジングが厳しいですね。最後に乱れたヘアをカバーしているバンダナがイケてないですね。バンダナはアリと思うライダーも多いかもしれませんが、街でこのスタイルは違和感がありますよ…。

バイクファッションの画像
【左】小振りなネックレスを1つですと首元が寂しいですが、チェーンの長さが違う、ネックレスとドッグタグの重ね付けがナイスです。 【中央】大きなバックルを中心からずらし、サイドにしてアクセントを。一味違ったバックルの見せ方です。着丈の短いシャツとローライズデニムですと、バックルが“チラ見”するのですが隠れてしまって残念。 【右】小柄な人が、デニムの裾をロールアップすると足元が重く、不恰好に見えてしまいます。ジャストな丈に、お直しすることをオススメします。スッキリ見えますよ。

Riders Style06

バイクファッションの画像

川端 誠司さん(31)/会社員 BMW Motorrad R1200ST

トレンドのタイトシルエットが
モード感を演出

綿秡アドバイス

ライダーに多い“ダボッ”としたシルエットでなく、タイトシルエットが、モード感を演出。惜しいのは、ノーカラーのジャケットに今季の人気のポロシャツを合わせたこと。襟が邪魔して、首周りが重いですね。難しいコーディネイトに挑戦してますが、無難にVやクルーネックがオススメです。スッキリしてスタイルも良く見えます。

バイクファッションの画像
【左】タイトなライダース・ジャケットがクール。バイク用ウェアではないため、シルエットがキレイです。 【中央】当店「Devil Arrow」でもオススメのストレッチ・カーゴパンツ。スリムなシルエットですがストレッチ素材を使用しているため、ライディング・ポジションでも窮屈さを感じさせません。重厚感あるベルトの“チラ見せ”もいいですね。ローライズ・パンツとインナーの着丈が短いからできる“演出”です。 【右】ブーツカットですと、ここまで裾が弛みませんがスリムやストレートでは裾が弛んでしまいます。この弛みの気になる人が少なくありませんが、バイクに跨ると長すぎません。
講師プロフィール
綿秡 幹哉(Mikiya Watanuki)

1966年生まれ。大手アパレル会社の企画生産部門に所属していた経験を持ち、独創的なデザインが魅力の商品開発に携わっていた。2000年に新しいチャレンジと、某ラーメン店を立ち上げ、行列ができる店としてメディアの注目を集める存在に。その後、再びアパレル業界への参戦を決意、「Devil Arrow」を開店、現在に至る。愛車はハーレー・スポーツスターXL1200R。

取材協力

国内外を問わず、常に旬の上質なカジュアルブランドを揃え、流行を意識しながらも決して流行だけを追いかけないこだわりのセレクトアイテムを揃えるショップ。店主がバイク乗りであることから、その乗り方を意識した洋服選びをしている稀有な存在と言える。

【現在、店舗休業中にてウェブサイトのみで営業中】

お問い合わせ/info@devilarrow.com

注目のアイテムはコチラ