VIRGIN HARLEY |  ファッションチェック2008年6月編ファッション講座

ファッションチェック2008年6月編

  • 掲載日/ 2008年06月09日【ファッション講座】

バイクファッションの画像

デビルアロー綿秡の
ストリートファッションチェック

6月。これからは梅雨と、ライダーにとっては嫌な季節ですよね。
しかも雨だけではなく暑かったり、寒かったりと着る物にも困ります。今回のファッションチェックでも、みなさんいろいろと工夫をされていました。こういった時期は重ね着をして調節できるスタイルが基本ですが、重ね着はテクニックも必要です。今回のチェックではその辺りに注目してみてみてくださいね。

Riders Style01

バイクファッションの画像

Jayさん(44) / 会社員 Harley-Davidson FXST

ヴィンテージ感を強調した
コーディネートが○

綿秡アドバイス

インディゴのブーツカットデニム以外は同系色でまとめ、デニムのヴィンテージ感が強調されていますね。ハーレー乗りの方によく見掛ける、ワッペン付けたデニムベストやレザーベストとは一味違う個性が感じられるのが好印象です。毎回言っていますが、ヘッドウェアがあるとさらにスタイリッシュになっていましたね。惜しい!

バイクファッションの画像
【左】実はこのベスト、ファスナーで袖の着脱が可能なライダースジャケット。ちょっと暑い時なんかベストに早や代わりして重宝しますよね。ベストから覗くアートなニュアンスたっぷりのプリントTもクールです。【中央】シンプルなコーディネイトなので、この位のインパクトあるバックルがポイントになってイイですね。 【右】裾部分が切りっぱなしのシープレザー(着脱可能)を使用。メリハリのあるデザインがアクセントに。

Riders Style02

バイクファッションの画像

石引 卓さん(24) / カメラマン HONDA XR250

季節カラーを取り入れば
もっとオシャレに!

綿秡アドバイス

薄手のアイテムを重ね着し、防寒性はバッチリ。しかし全身のコーディネイトが寂しい印象ですね。オシャレ感を演出するなら、春を意識したカラーを取り入れましょう。スタンドカラーのM-65ジャケットのインナーはトラックジャケットよりスウェットパーカがオススメ。フーデッドタイプのインナーと相性が良くトップスがスタイリッシュにまとまります。

バイクファッションの画像
【左】トラックジャケットにTシャツを2枚レイヤード。首元に注目! ブラックカラーのヘンリーネックが下から覗いてますが、衿のデザインを考えれば、逆にヘンリーネックのTシャツを上に合わせた方がバランスが良かったかも。【中央】Tシャツの着丈が長すぎます。着丈を詰めては如何でしょうか? 今じゃTシャツの着丈直しは珍しくないですよ。バランスが大切ですからね。 【右】ショルダーバッグのオレンジカラーが爽やかな印象。ウォレットや携帯電話等、小物をアウターのポケットに入れてパンパンに膨らんでいる人を見かけますが、シルエットが崩れますのでバッグに収納すればスッキリしますね。

Riders Style03

バイクファッションの画像

安井 飛鳥さん(23) / 学生 KTM DUKE

シンプルコーデはいいが
もパンツの履き方に注意して

綿秡アドバイス

全身をモノトーンで統一し、トラックジャケットから覗くインナーのフォトTシャツの艶っぽさがイイ感じです。シンプルなコーディネイトなので、小物を効かせてビーニなど被るとより一層オシャレ感が出ますよ。バイクに乗ってるから仕方が無いって言えばそれまでですが、ライディングブーツが今回のコーデで浮いているのが惜しいです(笑)

バイクファッションの画像
【左】スウェット素材のトラックジャケットはインナーにもアウターにも合わせやすいアイテム。バイク乗りには重宝しますね。フォトTシャツがインパクトあってイイですよ。【中央】全身の印象が何か物足りないと見えるのは、ベルトが見えてないからです。Tシャツの着丈は長すぎず良いのですが、パンツの履き方が上げすぎです。もう少し下げて腰で履くとベルトもチラ見して良かったでしょうね。 【右】アイウェアーにビーニの組み合わせは相性イイので、是非チャレンジしてみて下さい。ハズシのアイテムとして使えば、さらにスタイリッシュに。

Riders Style04

バイクファッションの画像

小野 泰裕さん(27) / 会社員 Harley-Davidson XL883

ホワイトカラーが
タウンでもフィット!

綿秡アドバイス

レザージャケットに、スウェットパーカにTシャツ。ボトムはライトなインディゴカラーのデニムでコーデ。春らしい上品なホワイトレザーが、タウンユースでも違和感無く、ハード(レザー素材)な印象を和らげていますね。スニーカーもレザージャケットと合わせ、白を効かせてスマートに魅せてますね。上手く着こなされていると思いますよ。

バイクファッションの画像
【左】ブラックレザーだとタウンユースで着用するにはハードな印象で、着こなすのが難しいですが、ホワイトレザーなら普段着でもOK。パーカを合わせる事でコーディネイトに立体感が生まれ、オシャレ度UP!【中央】インナーのパーカは無地ですが裾のリブがトリコロールカラーで良いアクセントになっています。ダブルZipでベルトのバックルを見せてるのもニクイ演出ですね。 【右】ウエストバッグはブラウンカラーが大正解! ブラックカラーじゃ重すぎだし、レザージャケットと同色のホワイトカラーですとツマラナイですからね。小振りな大きさも全身のバランスを崩さなくて◎

Riders Style05

バイクファッションの画像

田口 一守さん(23)/アーティスト HONDA シャドウ400

B系スタイルと
バイクのコーデがバッチリ

綿秡アドバイス

M-65ジャケットには、パーカが好相性。ブラックカラーのアウターにホワイトカラーのパーカを合わせて、モノトーンコーデが完成し、クールな印象に。トップスはタイトに、ボトムスはルーズに、あえてサイズアップしたデニムを腰履き。R&Bシンガー、ブラックアイドル「Omarion」ファンというだけにB系スタイルが決まってますよ!

バイクファッションの画像
【左】全身のコーディネイトがシンプルなため、ヘッドウェアーは必須アイテムです。ニットキャップはアゴまで長く伸びたモミアゲと相性良く、お似合いですよ。【中央】M-65ジャケットのインナーはサーマルのロンTにスウェットパーカ。“すべてが無地で寂しいですね”っていつもは言いますが(笑)、ボトムのジーンズのデザインがかなりインパクトあるのでトップスはこのくらい控えめがイイと思います。 【右】アメリカLAのジーンズをルーズに履きこなしているのがクールです。トップスが控えめなため、レザーやスタッズを使用したバックデザインの表情がさらに引き立ってますね。
講師プロフィール
綿秡 幹哉(Mikiya Watanuki)

1966年生まれ。大手アパレル会社の企画生産部門に所属していた経験を持ち、独創的なデザインが魅力の商品開発に携わっていた。2000年に新しいチャレンジと、某ラーメン店を立ち上げ、行列ができる店としてメディアの注目を集める存在に。その後、再びアパレル業界への参戦を決意、「Devil Arrow」を開店、現在に至る。愛車はハーレー・スポーツスターXL1200R。

取材協力

国内外を問わず、常に旬の上質なカジュアルブランドを揃え、流行を意識しながらも決して流行だけを追いかけないこだわりのセレクトアイテムを揃えるショップ。店主がバイク乗りであることから、その乗り方を意識した洋服選びをしている稀有な存在と言える。

【現在、店舗休業中にてウェブサイトのみで営業中】

お問い合わせ/info@devilarrow.com

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。