VIRGIN HARLEY | ファッションチェック2010年10月編 ファッション講座

ファッションチェック2010年10月編

  • 掲載日/2010年10月18日【ファッション講座】

バイクファッションの画像

デビルアロー綿秡の
ストリートファッションチェック

あの猛暑はなんだったんだ? と思ってしまうほどの気候の変わりっぷりですが、涼しくなってくれて何よりですね。夏だと「Tシャツ一枚で走る」なぁんてことが多々ありましたが、秋に入れば上着を着る楽しさが得られます。そう、この季節にどんな着こなしができるかが、今後のご自身のファッションセンスを占うと言っても過言ではありません! ご登場くださっている方々は夏場に撮影したので薄着の写真が多いですが、「ここにどんなアイテムを加えると変化が付けられるか?」という観点も取り入れてチェックしていきましょう……って、あれ、ヘンな人がひとり入っているようですよ……?

Riders Style01

バイクファッションの画像

藤田 武さん(38) / 自営業 Harley-Davidson FXDB

足元が力強いシルエットを
演出するブーツインスタイル!

綿秡アドバイス

爽やかなホワイトカラーのGジャンが印象的。愛車のカラーリングと被らず、自身のカラーコーデに気を遣っているのが伝わります。ハーレー乗りって黒ばっかりですから……。上半身が白系、下半身が黒系と無難なカラーコーデでまとめていますが、1ヶ所で構わないので差し色を入れるとオシャレ感がグッとアップします。また首元にネックレスでアクセント付けるのも良いでしょう。ぜひ挑戦してみてください。

バイクファッションの画像
【左】指なしのニットグローブがコーデのアクセントになっています。 【中央】ボトムスのジーンズはフロントはシンプルですがバックスタイルにはテープ状のデザインが施され、シンプルコーデの中にも遊び心を忘れていませんね。【右】ジーンズの裾をブーツインする着こなしにはポイントがあります。①高さのあるブーツ、そして②ジーンズのシルエットはテイパードラインです。裾をインしてシェイプを美しく見せるためには、膝下から細くなるシルエットにブーツの履き口の大きさ(バランス)が重要。今回はジーンズがギュッと絞られちゃってラインが美しくありません。ブーツの履き口を広げてジーンズの裾幅に合わせれば、スッキリ見えるでしょう。

Riders Style02

バイクファッションの画像

石川 一義さん (49) / 自営業 Harley-Davidson FLHXSE

愛車の強烈な存在感に
シンプルスタイル?

綿秡アドバイス

ライトカラーのダンガリーシャツに、インディゴカラーのジーンズでコーデ。超シンプルすぎでコメントし辛いんですが……(涙)。シンプルすぎるのが悪いわけではありませんが、愛車の存在感にオーナーのファッションが薄い気がしちゃうんですよね。まあファッション業界の私から見た視点での感想なので気にしないでくださいね(汗)。

バイクファッションの画像
【左】ブラウンカラーのレザージャケットもシンプルデザイン(汗)。すべてのアイテムが無地でシンプル。良く捉えるとアパレル業界では“飽きのこないデザインですよ~!”とセールストークに使っちゃいます(笑)。  【中央】シャツをインしてウエストマークでベルトを見せているのはイイですね。シンプルなシャツなので、ダラ~っとシャツを出しているとアクセントのベルトも隠れ、さらに寂しく見えてしまいます。無地のシャツをチェック柄に変えるだけでも“こなれ感”が出ますよ。【右】ハーレーのロゴが入ったバックルのベルト。どんだけハーレー好きなのでしょうか?(笑) 街やツーリング先でも“Harley-Davidson”のロゴ入りTシャツやレザージャケットを着用しているハーレー乗りの方を多く見かけます。愛車だけでも存在感タップリなんだけどね……宣伝料をもらいましょうよ(笑)。

Riders Style03

バイクファッションの画像

真ちゃん (44) / 自営業 Harley-Davidson FLSTSC

愛車のカラーと真逆な
カラーコーデが◎!

綿秡アドバイス

ボーリングシャツに、インディゴカラーのジーンズでコーデ。鮮やかなカラーのボーリングシャツが愛車に跨ると映えますね。ファッションに興味のないオヤジたちは、派手なカラーは好まず地味~な色目を好む傾向がありますが、実はオヤジと呼ばれる世代こそ派手なカラーが似合うんですよね。「もう○○歳だから派手なものは無理」と思わず、どんどんチャレンジして欲しいです。中年世代=バブル世代、昔のような勢いを身の回りのファッションやバイクに注ぎましょうよ!

バイクファッションの画像
【左】インナーのタンクトップは襟ぐりの開きが首元をスッキリ見せてくれます。【中央】シルバーネックレスと編み込んだレザーのチョーカーの重ねづけで、カジュアル感が増しますね。 【右】ホワイトカラーのベルトは剣先が長すぎてサイズが合っていません。通常は穴の数の中央がベストですが、このような無数に穴があるベルトはフリーサイズと考えず、穴はデザインとして考えてください。このベルトは右から6つ目ぐらいの穴がバランス良いですね。ですから画像のベルトはサイズが大きいという事になります。

Riders Style04

バイクファッションの画像

香川 太郎さん(32) / 会社員 Harley-Davidson FXST

全身シンプルアイテムは
差し色でオシャレ感アップ!

綿秡アドバイス

バイクでも街着でも重宝するナイロン素材のアウター。ボトムスも5ポケットのシンプルなジーンズ。悪くないけど全身が地味目な印象です。オシャレ感をアップさせるにはカラーパンツにするか、インディゴジーンズならアウターのカラーを変えるなどして、カラーコーデにメリハリをつけるとオシャレ感がアップしますよ。長身でスタイルが良いから、センスひとつで更にカッコ良く見えるでしょう。

バイクファッションの画像
【左】シルバーのスパンコールが施されたCAP。ロックっぽい印象なので今回のコーデには浮いている感じです(涙)。同テイストなアイテムでコーデすると無難にまとまりますよ。【中央】アウターから覗くプリントTシャツは茶系でアウターのカラーと同系色だから無難なんですが、もう少し“ヒネリ”が欲しいですね。 【右】バイカーたちの必須アイテム、チェーン付きウォレット。ブランドやクォリティーなど、違いはあれど私には皆同じに見えてしまいます(汗)。これは多くの方に言えますが、愛車のカスタムと同じで人とは違うウォレットも良いのでは?

Riders Style05

バイクファッションの画像

ジャージー(35) / VIRGIN HARLEY.com 編集部員 Harley-Davidson XL1200R

中途半端な“ジョジョ立ち”は
さらなる鍛錬が必要!?

綿秡アドバイス

人体での再現が難しい“ジョジョ立ち”。まだまだ完成されていませんね(涙)。もっと片方の肩を下げて、顔は真っ直ぐ正面に。ポージングは日夜練習しているらしいのですが、レベル1ですから頑張って習得して欲しいなぁ!(笑) “ジョジョ立ち”についてのコメントが長すぎちゃったからファッションについては簡単に……(笑)。愛車のカラーリングと被ってしまい、地味な印象です。“ファッション”も“ジョジョ立ち”も、どちらも中途半端ですよ!

バイクファッションの画像
【左】ナイロンZIPパーカに、インナーにはプリントTシャツ。いい感じでまとまっていると思います。愛車とのカラーリングを考えなければアリですね。【中央】このように斜めがけしてショルダーバッグとして、またはウエストバッグとしても重宝しますね。カスタムしたハーレーに、レザー素材のサイドバッグを装着している方を良く見かけますが、アパレル業界の私からは見た目がカッコ悪くNGです。 【右】独特の色落ち、シルエットの美しさで定評のある老舗ブランド“Pepe Jeans LONDON”のジーンズ。アイテム自体はいいんだけど、履き方がキモい(汗)。こんなに食い込んだ履き方はNGです。街で見かける子供たちのような腰履きは、もちろんススめませんが食い込まない程度に腰履きして欲しいです。
講師プロフィール
綿秡 幹哉(Mikiya Watanuki)

1966年生まれ。大手アパレル会社の企画生産部門に所属していた経験を持ち、独創的なデザインが魅力の商品開発に携わっていた。2000年に新しいチャレンジと、某ラーメン店を立ち上げ、行列ができる店としてメディアの注目を集める存在に。その後、再びアパレル業界への参戦を決意、「Devil Arrow」を開店、現在に至る。愛車はハーレー・スポーツスターXL1200R。

取材協力

国内外を問わず、常に旬の上質なカジュアルブランドを揃え、流行を意識しながらも決して流行だけを追いかけないこだわりのセレクトアイテムを揃えるショップ。店主がバイク乗りであることから、その乗り方を意識した洋服選びをしている稀有な存在と言える。

【現在、店舗休業中にてウェブサイトのみで営業中】

お問い合わせ/info@devilarrow.com

注目のアイテムはコチラ